村上友幸(東海大)村上宗隆の兄がドラフト候補!父母弟や球速も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ヤクルトの高卒2年目の村上宗隆選手の活躍が凄いですね!
早くも日本代表に選ばれて、スタメン出場を果たしています。
このまま球界を代表する選手へと順調に育っていってほしいですね。

実は、村上宗隆選手には2歳上のお兄さんがいて、そのお兄さんも今年のドラフト候補なんです!
弟の宗隆選手は強打の内野手ですが、東海大学に所属する兄・村上友幸投手はピッチャーをされています。
まだ大学での実績は少ないですが、193cmの長身から150km/h近い速球を投げるそうです。

弟ともども、お兄さんも楽しみですね。
早速、どんな選手なのか調べてみました。

プロフィール


名前:村上 友幸(むらかみ ともゆき)
生年月日:1998年3月21日
出身:熊本県熊本市
身長:193cm
体重:89kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:熊本市立詫麻小学校→熊本市立長嶺中学校→東海大学付属熊本星翔高校→東海大学

 

小中学生時代

小学1年生の時から軟式野球を始めました。
中学時代は、『熊本東リトルシニア』でピッチャーとしてプレーされていました。

 

高校時代(東海大星翔)

中学卒業後は、東海大学付属熊本星翔高校に進学。
2年秋からベンチ入りしました。

3年春の熊本県大会では背番号10ながら、5試合中4試合先発し、準優勝に貢献しています。
準決勝の熊本工業戦は、8回を4安打無失点に封じる好投でした。
続く決勝・熊本国府戦でも先発を務めましたが、連投の疲れから3回途中降板で、チームも3-5で敗れています。

3年夏の熊本県大会では準々決勝で多良木高校と対戦。
村上投手は先発を任されるものの、1回を持たず、3安打4失点KOに終わり、5回コールド1対11の大敗を喫しました。

高校時代から注目されていましたが、高校3年次にはプロ志望届を提出せず、系列の東海大学へと進学しています。

 

プレースタイル

恵まれた体格の本格派ピッチャーです。
ストレートの最速は148km/h
変化球はスライダー、チェンジアップ、フォークなど。

50mは6秒4。

 

家族(父、母、弟)

村上投手の父親・公弥(きみや)さんは、不動産会社を経営されています。
お父さんも野球をされていて、高校では熊本の強豪校でショートを守っていましたが、1年のときに右肩のケガ野球を諦めざるを得なくなりました。

母親の文代さんは身長が170センチほどあり、高校時代はバレーボールのアタッカーだったそうです。

また、村上投手は3人兄弟の長男で、宗隆選手以外にももう一人、野球をやっているがいます。
この弟さんについては詳しいことはわかりませんが、兄2人を見る限り、弟さんも将来有望な選手ではないでしょうかね。

 

スカウトの評価

※どちらも大学2年生時(弟・宗隆選手がドラフトでしめされた直後の評価です)
ヤクルト・小川監督
「2年後にどうなるか楽しみ。村上のお父さんに『(兄を)よろしくお願いします』といわれた」
ヤクルト・斉藤宜之スカウト
「2年生ですし、伸びしろがあります。まだオープン戦でしか投げていないけど、楽しみな投手。身長が高く、他の選手より頭一つ抜けている。弟がドラフト1位だから刺激を受けているようです」

 

まとめ

東海大学では、同学年の原田泰成投手1学年下の小郷賢人投手など、好投手がそろっているために、なかなか出番に恵まれていません
それでも、なんとか最終学年の今年は活躍してもらって、兄弟でプロ野球選手になってほしいですね。

できれば、ヤクルトで!

原田泰成(東海大)ドラフト候補の父や出身中学高校は?球速球種も!

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ