バスケ

市川真人(バスケ)の進路は?身長や父母姉は?日本代表歴も!

静岡学園市川真人選手が凄いと話題に!
現在17歳ですが、なんとバスケットボール男子U-22日本代表スプリングキャンプに招集されています。
もちろん最年少です!
しかも、身長が招集されている30人のうちトップの204cmもあるというから、さらに驚きです!

とても将来が楽しみな選手ですね。
早速、どんな選手なのか調べてみました。

プロフィール


名前:市川 真人(いちかわ まさと)
生年月日:2001年9月20日
出身:静岡県磐田市
身長:204cm
体重:93kg
投打:投げ打ち
ポジション:センター
血液型:A型
経歴:磐田南部中学校→静岡学園

 

父と母と姉

お父さんの身長が189cmで、お母さんは162cmです。
お父さんはさすがに高いですが、お母さんは普通ですね。
お父さん似でしょうか?
どちらも純粋な日本人だそうです。

また、市川くんにはお姉さんも一人いますが、そのお姉さんも175cmもあります。

 

身長

市川選手は3歳ですでに110cmもありました。
その後、
小学校入学時には138cm
小学校卒業時には183cm
中学最初の頃で185cm
中学2年で195cm
中学を卒業する時には201cmにもなっていました。
そして、高校1年生の秋には204cm!

さすがにそれ以降は伸びていないみたいですね。
特に中学1年から中学2年の間一番伸びたらしく、その時は成長痛がかなりひどくて、毎日痛み止めを飲んでいたそうです。

 

バスケを始めたきっかけと代表歴

背は高かいものの、幼稚園の頃から病弱で、1カ月に1回は風邪になっていたそうです。
それで、友達の親から体力作りのためにと勧められて、小学校2年生からミニバスを始めました。

当時はスポーツというよりは遊び感覚でなんとなく楽しめればいいかな、という感じだったそうです。
それでも小5の終わりから小6の始めぐらいには、このままバスケを続けていきたい!と思うようになり、中学になって本格的にバスケをやるようになりました。

そして、中学3年生U-16日本代表に選ばれたのを皮切りに、世代別日本代表にも選ばれるようになります。
高校2年の2月には17歳にして、U-22日本代表スプリングキャンプに招集されました。

 

進路は?

気になる市川選手の今後ですが、本人の予定としては
「まずは大学に行って留学生にチャレンジして、Bリーグになれば本格的なNBA経験のある外国籍選手ともマッチアップすることになります。そんな相手にどんなチャレンジができるか。そこで外国籍選手に負けないようになったらNBAに行きたいと思います」
とインタビューで語っています。

いきなりNBAを目指すのではなく、少しずつステップアップしながら上を目指す、若いのにとてもしっかりした考えを持った選手ですね。

進学先となる大学ですが、今のところ発表されていないようです。

それから、自身がプレーするのはまだ先になりそうですが、Bリーグの試合をとてもよく見ているそうです。
多分DAZNで見てるのかなと思います!

特にシーホース三河三遠ネオフェニックスの試合を見ることが多いとのこと。
どちらも、磐田市に近い愛知県のチームですね。
好きな選手はアレックス・カーク選手(アルバルク東京)木ジェイアール選手(シーホース三河)だそうです。

 

まとめ

市川選手のような選手がいるなんて、日本のバスケ界の将来は明るいですね。
今後も市川選手の活躍を見守っていきたいと思います。