バレー

水町泰杜(バレー/鎮西)の進路!身長や彼女は?父親や姉や出身中学も!

鎮西高校バレー部2年生の水町泰杜選手

1年生からエースとして活躍し、1年のインターハイ春高バレー日本一とすばらしい成績をおさめました。

2年生になってからも、U-18の日本代表に抜擢され、アジア選手権優勝・MVPを獲得など、活躍を続けています。

今回は鎮西高校を長年牽引してきた畑野久雄監督“天才”と称する超高校級プレーヤー・水町泰杜選手についてまとめてみました。

プロフィール


名前:水町 泰杜(みずまち たいと)
生年月日:2001年9月7日
出身:熊本県山鹿市
身長:181cm
体重:72kg
ポジション:ウイングスパイカー
経歴:山鹿市立菊鹿中学校→鎮西高校

中学時代

中学時代から名の知れた選手でした。

中学3年生の時には、JOCジュニアオリンピックカップ全国中学校都道府県対抗大会 (JOC杯)で、熊本県選抜エースとして活躍。

県選抜を優勝に導くとともに、自身も個人賞であるオリンピック有望選手」に選出されています。

また、全日本ジュニアオールスタードリームマッチという、全国各地から男女それぞれ高校1・2年生48名、中学3年生4名が選抜されて行われる試合にも出場しました。

中学3年生は4名しか選ばれないに、選ばれるなんてすごいですね。

もっとも水町選手なら、たとえ1名だったとしても、選ばれていたと思いますが。

鎮西高校

中学卒業後は名門・鎮西高校に入学します。

水町選手が入学した時は、熊本地震の影響で鎮西高校の体育館は壊れてしまっていました。

もちろん、そのことを知っていましたが
「日本一を目指しているチームだから」
と入学をためらうことはなかったそうです。

そして、入学直後からレギュラーを獲得すると、3年の主将・鍬田憲伸選手(現・中央大学)と2枚看板を形成し、インターハイ春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)で、日本一に輝きました。

2年生では、タブリーズ(イラン)で行われた第12回アジアユース男子選手権大会(U-18)に出場しています。

本多洋監督から
「キャリアが一番ある」
と太鼓判を押され、2年生ながらキャプテンを務めていました。

日本代表レベルで、3年生がいるのに2年生がキャプテンなんて、普通ありえないですよね。

わたしはバレー以外のスポーツでもそのような例を知りません。

水町選手は臆することなくキャプテンをやり遂げ、チームをアジア1に導きます。

しかも、全試合に出場し、すべての試合で最多得点をマークするという大活躍で、大会MVPに輝きました。

 

姉や父は?

3歳年上姉・水町風薫さんがいらっしゃいます。

熊本信愛女学院というバレーの名門でプレーしていました。

ポジションはセッターで、1年生からベンチ入りされています。

水町風薫さんが1年生の時の3年生には、日本代表の古賀紗理那選手がいました。

3年生の時には主将を務め、インターハイにも出場しています。

父親について気になっている方も多いようですね。

しかし、ご両親についての情報は見つけられませんでした

けど、姉弟そろってバレーが上手いですから、経験者である可能性はありそうですね。

 

憧れの選手

憧れの選手は、パナソニックのミハウ・クビアク選手です。

ポジションは水町選手と同じウイングスパイカー

今年の黒鷲旗では対戦機会はありませんでしたが、すれ違った時に水町選手が握手を求めると、クビアク選手は快く握手をしてくれた上に、頭をポンポンとたたいてくれました。

クビアク選手に頭ポンポンされて、女の子のようにキャッキャと喜んでいました。
「小学生くらいの気持ちに戻りました(笑)。フェイントもそうですし、バックアタックからセットしてトスを上げるのも、見ていて、ほんとうにおもしろい。見るだけで、ワクワクするものがありますよね。自分もそういった選手になりたいと思うんです」

彼女

これだけすごい選手。

当然、彼女の存在が気になりますね。

しかし、情報は見つけられませんでした。

進路

まだ2年生ですので、進路については未定です。

※追記 水町選手はトップアスリート入学試験で早稲田大学に合格しました!

早稲田大学は大学バレーの名門ですね。

これから更なる活躍が期待されます!

まとめ

水町泰杜選手は、東京オリンピック代表選手の候補にも挙がっています。

2020年はまだ19歳で、年齢的に厳しいかもしれませんが、今後もさらに活躍を続けていけば、あり得るかもしれませんね。

とても将来が楽しみな選手です。