田宮裕涼(成田)ドラフトや身長体重や出身中学は?読み方はゆあ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

★2018年ドラフト・日本ハム6位!
その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018!

2018年ドラフトの高校生キャッチャーで、指名の可能性が高いと言われているのが、石橋康太選手(関東第一)、牧野翔矢選手(遊学館)、益子京右選手(青藍泰斗)そして田宮裕涼選手(成田)の4人です。

その中から今回注目したのは、成田高校田宮裕涼選手
強肩が売りの選手です。

名前の「裕涼」「ゆあ」と読みます。
これは初見では読めないですね。

 


名前:田宮 裕涼(たみや ゆあ)
出身:千葉県山武市
身長:175cm
体重:72kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:山武市立山武中学校→成田高校

 

祖父と叔父の影響で、小学1年生から「山武ブリスキーボーイズ」で野球を始めました。
小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されています。

中学時代「佐倉シニア」でプレー。
中学3年春に、日本リトルシニア全国選抜大会優勝を達成しています。
個人としても、ベストナイン(捕手)に選ばれました。

 

○成田高校
中学卒業後は成田高校に進学。
実は、田宮選手が野球を始めるきっかけとなった祖父と叔父も、高校時代は成田高校で野球をしていました。
しかも、ポジションも同じキャッチャーだったそうです。

高校では1年秋からレギュラーを獲得。
2年夏の千葉県大会では、打率.316を記録しましたが、市立柏に2対4で敗れ、ベスト16に終わっています。

2年秋からはキャプテンに就任。
「最初は自分に務められるか不安が大きかった」
と言いますが、
「自分がチームを引っ張っていく」
という強い決意を胸に、試合で黙々と結果を残し、チームメートの信頼を勝ち取っていきました。

秋の千葉県大会は、千葉黎明に2対5で敗れ、3回戦敗退に終わります。
それでも個人としては、大会終了後に千葉県選抜として台湾遠征を経験。
田宮選手は、千葉選抜でもキャプテンを任されました。

3年夏の東千葉県大会では、全6試合3番・キャッチャースタメン出場します。
打率.524、2本塁打、12打点の好成績を残し、2010年以来となる決勝進出に貢献。
残念ながら、決勝では木更津総合に2対10で敗れ、甲子園出場はなりませんでしたが、田宮選手は高校日本代表にも選ばれることになる、野尻幸輝選手から2本のヒットを放ちました。

 

○プレースタイル
遠投90m二塁送球1.84秒の強肩キャッチャーです。
スローイング、バッティングともに無駄な動きがなく、確実性の高いプレーをします。

また足も速く、50m6秒0、一塁到達4.23秒を記録しています。

自チームだけではなく、千葉県選抜チームでも主将の大役を任されていたことからもわかるように、リーダーシップに優れています。

好きなプロ野球選手は、地元・千葉県出身で、同じ左打ちの阿部慎之助選手(巨人)。

 

○スカウトの評価
■ヤクルト・丸山スカウト
「身のこなし、体のバランスがよく、打っても守ってもいい。楽しみな素材」

 

○まとめ
甲子園出場経験がありませんので、全国的には無名な選手と言えるかもしれません。
しかし、高校生キャッチャーとしての実力は高く、また将来性も魅力的です。
果たして指名はあるのか。
注目です。

 

プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ