野球

山内教輔(東海大相模)はドラフト注目!父母や兄弟もすごい?出身は?

東海大相模2023年ドラフト候補山内教輔選手

中学時代からテレビに出演するなど注目されてきたイケメンスラッガーです。

高校では2年生の春から4番打者を担い、甲子園出場を目指しています。

山内教輔のプロフィール

名前:山内 教輔(やまうち きょうすけ)
生年月日:2005年10月25日
出身:埼玉県和光市
身長:177cm
体重:82kg
投打:左投げ左打ち
血液型:O型
ポジション:外野手兼一塁手
経歴:東海大相模高校

山内教輔の父・山内英雄

山内教輔選手の父・山内英雄さんは元プロ野球選手です。

現役時代のポジションはピッチャー

秋田商業時代には2年秋から3季連続甲子園に出場!

高校卒業後は、社会人野球の日本石油秋田商業のコーチを経て、1985年横浜大洋ホエールズのテストに合格し、入団しました。


残念ながら、1軍登板ないまま1989年引退

現在はザ・ゴルフガーデン高島平で、スクール運営やコンペなどのの企画、設備保守などの業務全般を担当しています。

また、山内教輔選手の母・山内牧子さんは元体操選手国体にも出場したことがるそうです。

山内教輔の兄弟

山内教輔選手5人兄弟4男です。

4学年上の兄・山内啓輔さんも八戸学院大学で、野球をされています。

秋田修英高校時代2年秋には正捕手として、東北大会ベスト8入りを果たしており、今後が楽しみな選手です。

山内教輔の小中学時代

山内教輔選手小学1年生から白小クラブで本格的に野球を始めました。

小学6年時にはセレクションを勝ち抜き、ヤクルトジュニア入りを経験しています。

中学からは武蔵狭山ボーイズに入団。

1年秋から4番を打ち、2018年ボーイズ選手権準優勝ジャイアンツカップベスト8入りに貢献しました。

また、中学時代には140km/hに迫るストレートを武器にピッチャーとしても活躍!

中学3年時にはスーパー中学生として、『炎の体育会TV』に出演し、打者3人を連続で打ち取っていました。


中学通算33本塁打。

山内教輔の高校時代

東海大相模進学後1年春からベンチ入り


1年夏神奈川県大会は、部内に新型コロナウイルスのクラスターが起こったため出場辞退

1年秋神奈川県大会優勝関東大会ベスト8

2年春からはファーストのレギュラーを獲得し、打順も4番を任されています。

山内教輔のまとめ

2023年ドラフト世代野手では、
花巻東の佐々木麟太郎選手、
広陵の真鍋慧選手、
九州国際大附属の佐倉侠史朗選手に注目が集まっていますが、山内教輔選手もその3人に見劣りしないスラッガーです。

親子2代でのプロ入りを目指して、活躍を続けていってほしいですね!