野球

西凌矢(広陵)はドラフト注目!母や兄もすごい?出身中学や進路は?

広陵高校ドラフト候補西凌矢選手

「西凌矢」名前の読み方“にし りょうや”

中学時代から注目されていた強肩強打の外野手です。

また、名前を見て、“もしや!”と思った方もいるかもしれいませんが、その通り!

お兄さんプロ野球選手なんですね。

今回はそんな西凌矢選手経歴家族について調べてみました。

西凌矢(りょうや)のプロフィール

名前:西 凌矢(にし りょうや)
生年月日:2004年5月31日
出身:広島市
身長:180cm
体重:81kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
家族:母、兄
経歴:廿日市市立阿品台中学校→広陵高校

西凌矢(りょうや)の兄

西凌矢選手3学年上の兄プロ野球選手の西純矢投手です。

西純矢投手は岡山の創志学園の2年生エースとして、2018年夏の甲子園に出場!

2019年ドラフト1位で、阪神タイガースに入団しています。


また、西凌矢選手は兄と同じ阪神タイガースに所属している西勇輝投手とも親戚です。

2人の父方の曽祖父同士兄弟にあたります。

西凌矢(りょうや)の父母

西凌矢選手・雅和さんは2017年に45歳と言いう若さで亡くなられています。

それ以後、・美江さんが女手一つで2人の子供を育ててきました。

兄の西純矢投手が甲子園に出場した際には、天国にいるに届くようにと、何度もガッツポーズをして話題になっていましたね。

審判には注意されていましたが・・・。

西凌矢(りょうや)の中学時代

中学時代、西凌矢選手広島ボーイズでプレーしています。

3年時にはエースとしてチームを引っ張り、全国大会には3度出場!

打者としてもクリーナップを担い、投げない時もショートで出場していました。

西凌矢(りょうや)の高校時代

中学卒業後は広陵高校進学します。

高校では外野手に転向。

1年春からセンターで練習試合に出場し、ホームランを記録していました。

しかし、その後はなかなかレギュラー獲得までに至らず。

それでも、2年秋の公式戦では11打数3安打の成績で、広島県大会3位中国地区大会優勝に貢献しました。

広島県大会準々決勝では9回に代打で出場すると、逆転勝利につながるライト前ヒットを放っていましたね。

広陵高校同期のチームメイトにはプロ注目の二刀流・内海優太選手らがいます。

内海優太選手についてはこちらを→内海優太(広陵野球部)はドラフト注目!出身中学や高校通算ホームラン数は?

西凌矢(りょうや)のプレースタイル

西凌矢選手は肩の強さと思い切りの良い打撃が武器の外野手です。

高校通算本塁打4本

遠投120メートル。

50メートル6秒4。

西凌矢(りょうや)の進路

西凌矢選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

現時点は大学社会人に進むことが濃厚と思われます。

西凌矢選手の持っている野球センスやスペックはすばらしものがありますので、
3年後、4年後にはプロ入りが狙える選手になっているのではないでしょうか。

広陵OB”卒業後に成長する”と評判ですしね。

西凌矢(りょうや)のまとめ 

西凌矢選手はセンバツ直前の3月の練習試合では、ホームラン2本放つなど絶好調です。

この勢いのままセンバツでも活躍し、夏はレギュラーとして再び甲子園に帰ってきてほしいですね!

西凌矢選手以外センバツ注目選手についてはこちらを↓
2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/野手(打者)編!日程も!