その他のスポーツ

稲木李菜子(新体操)のwiki風プロフ!母もすごい?オリンピック出場は?

稲木李菜子 新体操

新体操日本代表稲木李菜子選手

「稲木李菜子」名前の読み方“いなき りなこ”

駒場学園高等学校に通う18歳の若い選手です。

東京オリンピックには直前でメンバーから外れ、惜しくも出場はなりませんでしたが、
パリオリンピックでメダル獲得を狙う新生フェアリージャパンでは主力としての活躍が期待されています。

稲木李菜子 新体操

稲木李菜子(いなきりなこ)のプロフィール

名前:稲木 李菜子(いなき りなこ)
生年月日:2003年4月22日
出身:熊本県熊本市
身長:159cm
体重:41kg
家族:父、母、姉、弟
経歴:熊本市立力合中学校→駒場学園高等学校

稲木李菜子(いなきりなこ)の母

稲木李菜子選手・智子さんは若い頃は弓道されていて、国体にも2度出場したことがあります。

稲木李菜子選手負けず嫌いな性格は、お母さん譲りだそうです。

現在、智子さんは夫の実家がある熊本県八代市トマト栽培をされています。

生まれ育った熊本を離れ、東京の高校に通う稲木李菜子選手が、日本代表の合宿で熊本県の芦北町にやって来た時には、塩トマトを差し入れに訪れていました。

稲木李菜子(いなきりなこ)の小中学時代

稲木李菜子選手3歳上の姉・菜々子さんが新体操をしていたのを見て、私もやってみたいと思ったことがきっかけで、6歳からみどり新体操クラブ新体操を始めました。

中学入学直後の16年4月には熊本地震に被災。

熊本市内自宅には被害はありませんでしたが、数日間の車中泊を強いられました。

また、練習場は避難所となり、練習ができずに不安な日々を過ごしています。

そんな時に稲木李菜子選手の心の支えとなったのは所属するみどり新体操クラブのパーカだったそうです。

熊本市内の自宅に被害はなかったが数日間は車中泊を強いられ、練習場は避難所になった。不安な日々。李菜子はみどり新体操クラブのパーカを着ないと眠れなかった。

「ずっと練習していた友達と会えず、練習をしないといけないという思いがあったのかな。パーカが彼女のよりどころになっていたと思う。週1回休むかどうかだった子が長い期間練習できなくなり『この子の努力はこれで終わるのかも』と諦めかけた」

西日本スポーツ

それでも、稲木李菜子選手中学1年夏九州中学校大会では個人総合優勝を達成!

中学2年次には全日本ジュニア選手権6位入賞

日本代表にも2年次3年次2年連続で選ばれ、アジアジュニア選手権団体2連覇に貢献しました。

稲木李菜子(いなきりなこ)の高校時代

中学卒業後は親元を離れ、東京にある駒場学園高等学校進学

高校からはレギュラーにまでは至らないものの、年齢制限のない日本代表にもほぼ常に召集されています。

今年(2021年)の東京オリンピック直前合宿にも参加していましたが、大会直前に今岡里奈選手とともにメンバーから外れ、惜しくも出場はなりませんでした。

今岡里奈選手についてはこちらを→今岡里奈(新体操)のwiki風プロフ!出身中学高校は?かわいい画像は?

稲木李菜子(いなきりなこ)の進路

高校3年生稲木李菜子選手には高校卒業後の進路に関しても注目が集まっていますが、現時点ではわかっていません。

何か分かりましたら、改めて追記させていただきます。

稲木李菜子(いなきりなこ)のまとめ

稲木李菜子選手がこれまで日本代表に召集されてきたのには、東京オリンピックの戦力とした考えていたことも、もちろんあるでしょうが、
それとともの次のパリオリンピックを見据えて、経験を積ませるという意味合いも大きかったように思います。

日本体操協会稲木李菜子選手に対する期待の高さがうかがえますね!

これからは稲木李菜子選手たち若い選手が中心となって、美しくて強い日本代表を作り上げていってほしいですね!