野球

山田祐揮監督(熊本国府)のwiki風経歴!熊工時代や指導方針は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

熊本国府高校野球部山田祐揮監督

高校時代には甲子園出場経験もある30代の若い監督さんです。

2021年から熊本国府高校監督に就任すると、3年目の秋には九州大会優勝し、春夏通じて初の甲子園出場を確実なものとしています。

山田祐揮のプロフィール

名前:山田 祐揮(やまだ ゆうき)
生年月日:1993年生まれ
出身:熊本県
経歴:八代市立第一中学校→熊本県立熊本工業高校→近畿大学

山田祐揮の現役時代

山田祐揮監督は強豪・熊本工業高校出身です。

甲子園には2年生の夏背番号17を付け、控えの外野手として出場。

初戦三重高校戦では初回からレフト途中出場しましたが、致命的な守りのミスを犯してしまい、延長10回4対5サヨナラで敗れてしまいました。

苦い思い出が、脳裏にこびりついている。2年夏の甲子園1回戦(対三重高)、先発出場していた先輩の守りのミスにより、山田監督は初回から左翼で途中出場した。「試合前ノックは中堅に入り、キャッチボールもしていなかった。明らかな準備不足でした」。致命的な守りのミスを犯し「自分のせいで負けたようなもの」と、初戦敗退の責任のすべてを負った。

【高校野球】30歳山田祐揮監督の「覚悟」 なぜ熊本国府は九州大会を制する快進撃を見せたのか 

2年秋からは主将を務め、秋の熊本県大会3回戦敗退

3年夏熊本県大会準決勝で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。



高校卒業後は近畿大学進学します。

大学ではチーム事情からマネージャーに転身し、2年時から3年間、主務を務めていました。

山田祐揮の指導者時代

大学卒業後は宮崎県にある日南学園高校公民科の教諭として赴任。

学校では担任を受け持ちながら、野球部のコーチ寮監をされていました。

日南学園高校では4年間夏2度春1度甲子園出場を経験しています。


2021年4月
から熊本国府高校監督に就任。

熊本国府高校は元々、女子校で、野球部2006年創部

それまでの熊本県大会での最高成績はベスト8でした。

山田祐揮監督選手集め取り組み、チームを作り上げていきます。

そして2023年秋熊本県大会では優勝!

続く九州大会でも初優勝に導きました。

山田祐揮の指導方針

山田祐揮監督「一球一球を大切に守る」ことを身上に守備の練習に力を入れています。

実に平日の2時間ほどの全体練習のうちの約8割の時間を守備練習に割いているのだそうです。

これは高校時代に甲子園で自身の守備のミスから負けた苦い経験が基となっています。

その結果、秋の九州大会4試合失策3という堅守を武器に制していました。

山田祐揮のまとめ

熊本国府高校春夏通じて初の甲子園出場に導いた山田祐揮監督

甲子園でも山田祐揮監督の目指す野球で勝ち上がっていってほしいですね!