ゴルフ

梶谷翼(ゴルフ)の父や弟もすごい?マナー注意事件とは?プロテストはいつ?

梶谷翼 弟 渋野日向子

滝川第二高校に通う17歳・梶谷翼選手「オーガスタナショナル女子アマ」日本人で初めて優勝されました。

梶谷翼選手、おめでとうございます!

梶谷翼選手は“シブコ”こと渋野日向子選手の妹弟子としても知られていていますね。

今回は未来の日本ゴルフ界を担う梶谷翼選手についてまとめてみました。

梶谷翼のプロフィール

名前:梶谷 翼(かじたに つばさ)
生年月日:2003年9月12日
出身:岡山県
身長:160cm
経歴:総社市立総社東小学校→山陽女子中学校→滝川第二高校

梶谷翼は渋野日向子の妹弟子

梶谷翼選手は、渋野日向子選手と同じ岡山県出身で、同じ青木翔コーチに師事していたことから、幼い頃から親しくされています。

梶谷翼選手は、渋野日向子選手のことを“ひなちゃん”と呼び、大会前には渋野日向子選手から励ましのLINEが送られてくることもあるそうです。

梶谷翼の弟・梶谷駿

梶谷翼選手4歳下の弟・梶谷駿選手も将来有望なゴルファーです。

駿選手は2016年7月に行われたIMGA世界ジュニアゴルフ選手権大会では7-8歳男子の部に出場し、優勝!
世界一に輝いています。

この大会では梶谷翼選手11-12歳女子の部優勝しており、なんと姉弟同時世界一という快挙を達成されています。


また、2017年には梶谷翼選手と弟の駿選手は、天才ジュニアゴルファーとして、「ビートたけしのスポーツ大将」にも出演されていました。

梶谷翼の父

そんなすごい二人のお子さんを育てたお父さんはどんな方かと思って調べてみますと、梶谷翼選手の父・教義さんは蒜山ホースクラブという乗馬クラブで調教師をされています。

お父さんは趣味でゴルフをされていましたが、梶谷翼選手がゴルフを始めると、自分の悪い癖をまねするとよくないという理由で、梶谷翼選手がゴルフを始めると同時に、自らプレーすることは止めてしまいました。

現在は、梶谷翼選手と弟の梶谷駿選手のコーチキャディーに専念されています。

梶谷翼の小中学時代

梶谷翼選手は両親の勧めで、7歳からゴルフを始めました。

2012年には早くもIMGA世界ジュニアゴルフ選手権大会7-8歳の部優勝!
世界一に輝いています。

さらに同大会では2016年にも11-12歳の部優勝しており、2度の世界一を経験しています。

2016年の9月には史上最年少となる13歳と17日日本女子オープンに出場!


この時は同じ組でプレーしていた女子プロゴルフの選手にマナー面注意を受けるハプニングもありました。

具体的な内容については明らかにされていませんが、
大会終了後、梶谷翼選手は、「いい勉強になりました」と話されているので、いろんな意味で成長につながった大会だったようです。

梶谷翼のプロテスト受験は?

今年の9月で18歳になる梶谷翼選手。

女子プロゴルフのプロテスト18歳から受験が認めれていますので、梶谷翼選手も今年受験するのは間違いないと思われます。

少し気が早いですが、梶谷翼選手のプロでの活躍も楽しみですね!

将来は、姉弟子の渋野日向子選手と世界一を争う、なんてこともあるかもしれませんね!