野球

坂下翔馬(智辯学園)はアルトゥーベに憧れる強打の内野手!

智辯学園のドラフト候補・坂下翔馬選手。
165cmと小柄ながら、名門・智辯学園で1年生からレギュラーとして活躍している強打巧守の内野手です。
2年生秋からは主将を務め、チームを引っ張っています。

プロフィール

名前:坂下 翔馬(さかした しょうま)
生年月日:2002年2月13日
出身:奈良県香芝市
身長:165cm
体重:65kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:セカンド兼ショート
好きな有名人:石原さとみ
経歴:香芝市立五位堂小学校→香芝市立香芝東中学校→智辯学園

小学生・中学生時代

坂下選手は父が野球をやっていた影響で、小学1年生から「五位堂スポーツ少年団」で野球を始めました。
4年生からはボーイズリーグの「香芝ボーイズ」でプレー。
小学6年生の時にはアンダーアーマーカップで優勝し、日本一を経験しました。
また、日本代表にも選ばれ「2014カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」
に出場しています。

中学時代は「奈良葛城ボーイズ」に所属。
中学3年生の時には日本少年野球選手権大会で優勝し、小学生時代に続いての日本一を達成しました。

高校時代

中学卒業後は、「地元の奈良の高いレベルのチームで甲子園を目指したかった」智辯学園に進学します。
1年夏からセカンドのレギュラーを獲得。
1年夏の奈良県大会では天理高校に7対8で敗れ、準決勝敗退。
1年秋は2番打者として奈良県大会優勝近畿大会ベスト8入りに貢献します。
翌2年春のセンバツには、1番・セカンドで出場。
初戦(2回戦)の日大山形戦では3打数2安打1死球と活躍し、5対3で勝利を挙げます。
3回戦は創成館と対戦。
坂下選手は川原陸投手(現・阪神)ら創成館投手陣の前に5打数0安打に抑えられ、チームも延長10回1対2でサヨナラ負けを喫しました。

2年夏の奈良県大会は準決勝で天理高校に敗退。
2年秋からは主将に就任します。
2年秋の奈良県大会はまたもや準々決勝でライバル・天理高校にコールド負け。

高校の同期のチームメイトには塚本大夢選手らがいます。

プレースタイル

坂下選手は165cmと小柄ですが、広角に長打を打てる内野手です。
守備も上手く、特に球際への強さが光ります。
本人も守備に関して自信を持っていて
「小さいけど体の強さは負けない自信はありますし、小さい分スピードもあります。自分はすごくプラスに考えて守備は絶対に負けない自信があります」

好きな選手はメジャーリーグ・アストロズのアルトゥーベ選手
アルトゥーベ選手は身長168cmしかなく、現役のメジャーリーガーで最も身長の低い選手と言われています。
それでも、2014年に首位打者盗塁王を獲得したのをはじめ、2017年にはシーズンMVPを獲得しているメジャーリーグを代表する二塁手です。
身長165cmの坂下選手が憧れるのも無理はない選手ですね!
アルトゥーベ選手について
「メジャーリーグでホームランも打っていますし、足も速いですし、守備もすごいんで、小さくてもやっていけるんだなとすごく勇気をもらえた選手です」
と語っています。

身長

165cmの体がずっとコンプレックスだった坂下選手は
「おっきいやつに負けたくない」
と言う想いを持って、鍛錬を重ねてきました。
最初の頃は、身長の高い選手への嫉妬心のようなものを持っていましたが、徐々にそれをパワーへ変えいけるようになり、現在ではこの体が自分の最大の特徴だと言い切るまでになっています。
「体が小さくても人より練習すれば大きい人に勝てると思うので、小さくても『あいつすごいな』と思わせたいです。これから社会人やプロ、そういうレベルの高いところで野球をやって小さな子に勇気を与えられる選手になりたい」

まとめ

2年生の春にはセンバツに出場した坂下選手ですが、夏は2年連続で天理高校に奈良県大会の準決勝で敗れており、
今年の夏は
「天理に勝って甲子園に行きたい」
を目標を掲げています。
順調に勝ち上がれば、今年は決勝で天理と当たる予定です。
見事、天理高校を倒して、再び甲子園に帰ってきてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)