野球

立花祥希(横浜)はドラフト候補のキャッチャー!兄もすごい?実家や出身中学は?

立花祥希 実家 兄

横浜高校ドラフト候補立花祥希選手

「立花祥希」の名前の読み方は“たちばな よしき”

チームでは4番を務める強肩強打のキャッチャーです。

小学生時代にはドラゴンズジュニア中学時代NOMOジャパンを経験。

高校では3年春まで甲子園出場はありませんでしたが、
3年夏には神奈川県大会を制し、ついに甲子園出場を果たしています。

立花祥希(よしき)のプロフィール

名前:立花 祥希(たちばな よしき)
出身:愛知県豊橋市
身長:173cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:豊橋市立高師小学校→豊橋市立本郷中学校→横浜高校

立花祥希(よしき)の実家

立花祥希選手実家お寿司屋さんだそうです。

具体的な店舗名場所などはわかりませんでした。

知っている人は情報ください。

ただし、立花祥希選手生モノ苦手とのこと。

もったいないですね。

立花祥希(よしき)の兄

立花祥希選手2学年上の兄・立花光希(こうき)選手も野球をされています。

ポジションは内野手

愛知県の強豪・豊川高校を経て、現在は中部大学でプレー。

高校2年次には愛知県選抜の一員として、石川昂弥選手(現・中日)、上田希由翔選手(現・明治大学)らとともにオーストラリア遠征を経験しています。


立花祥希選手だけでなく、の光希(こうき)選手も含めた立花兄弟の今後の活躍に注目ですね!

立花祥希(よしき)の小中学時代

立花祥希選手小学生から高師スカイラークス野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、ドラゴンズジュニア入り。

ドラゴンズジュニアでは高木翔斗選手(県岐阜商)、宮下隼輔選手(大阪桐蔭)、 高須大雅投手(静岡)らとともにNPB12球団ジュニアトーナメントに出場。

立花祥希選手準決勝決勝2試合連続のホームランを放ち、優勝に貢献しました。

高木翔斗選手についてはこちらを→高木翔斗(県岐阜商)はドラフト候補のキャッチャー!進路や中学時代は?

宮下隼輔選手についてはこちらを→宮下隼輔(大阪桐蔭)はドラフト候補!出身中学や進路は?ポジションやホームラン数は?

高須大雅投手についてはこちらを→高須大雅(静岡)はドラフト候補のピッチャー!父母もすごい?出身中学や進路は?

中学時代は愛知豊橋ボーイズに所属。

中学3年生の時には4番・キャッチャーとして活躍し、2018年ボーイズ春季全国大会優勝を達成しています。


また、にはNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征を経験しました。

立花祥希(よしき)の高校時代

中学卒業後は親元を離れ、横浜高校進学します。

高校では1年春からベンチ入り


1年秋から正捕手の座を獲得。

3年春からは4番打者を任されるようになります。

3年夏神奈川県大会では29打数17安打、打率.586の大活躍で優勝を達成しました。


横浜高校の同期のチームメイトにはプロ注目の二刀流・金井慎之介投手らがいます。

金井慎之介投手についてはこちらを→金井慎之介(横浜)はドラフト候補のピッチャー!怪我の状態や進路は?球速球種は?

立花祥希(よしき)のプレースタイル

立花祥希選手走・攻・守3拍子揃ったキャッチャーです。

一発長打もある勝負強いバッティングが魅力。

も強く二塁送球1.9秒台を記録しています。

立花祥希(よしき)の進路

立花祥希選手はまだ高校卒業後の進路に関してはあきらかにされていません。

立花祥希(よしき)のまとめ

3年夏になってようやく甲子園出場を果たした立花祥希選手

でも、甲子園に出場しただけで満足するような選手ではないと思います。

中学時代に続いての日本一を目指して、甲子園でも勝ち進んでいってほしいですね!


よろしければこちらもどうぞ↓
2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年夏の高校野球甲子園大会注目選手/打者(野手)編!日程も!