野球

翁田大勢(関西国際大)は西脇工業出身のドラフト候補!兄と姉もすごい?球速球種は?

翁田大勢 関西国際大 西脇工業

関西国際大学ドラフト候補翁田大勢投手。

西脇工業時代には二刀流として活躍していた本格派のピッチャーです。

高校3年秋にはプロ志望届を提出するも指名漏れを経験。

それでも大学進学後にストレートの最速152km/hまでアップさせ、プロアマ交流試合好投を見せるなど、スカウトからの評価を高めています。

翁田大勢のプロフィール

名前:翁田 大勢(おうた たいせい)
生年月日:1999年6月29日
出身:兵庫県多可町
身長:181cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:多可町立八千代北小学校→多可町立八千代中学校→西脇工業高校→関西国際大学

翁田大勢の姉

翁田大勢投手5学年上お姉さん陸上選手の翁田あかりさんです。

西脇工業を卒業後、天満屋入社。

長距離を専門とし、3000m岡山県記録を保持しています。

現在は天満屋退社されているのでしょうか?

陸上部のホームページからは名前が消えていますね。

2、3年前までは天満屋所属として活躍されていた気がするのですが・・・。

翁田大勢の兄

また、翁田大勢投手4学年上お兄さんの翁田勝基さんも西脇工業のOBで、ドラフト候補でした。

高校時代にはエースとして活躍!

2013年には春夏通じて初の甲子園出場に貢献しました。


高校卒業後は愛知大学に進学しましたが、現在は野球を辞められているようですね。

翁田大勢の小中学時代

翁田大勢投手小学1年生から八千代北少年野球クラブ軟式野球を始めました。

中学時代は氷上ボーイズに所属し、ショートとしてプレー。

小中学時代には全国大会出場の経験はなし。

卒業後はが通っていた西脇工業進学します。 

翁田大勢の高校時代

翁田大勢投手1年春から野手としてベンチ入り。

1年夏兵庫県大会では全2試合4番・ファーストでスタメン出場し、6打数3安打の成績を残しています。

翌2年夏兵庫県大会では4番・レフトで出場し、4回戦まで進出。

2年秋の新チームからは背番号1を付けて出場します。

2年秋兵庫県大会では登板の機会が無いまま2回戦敗退でしたが、
3年春兵庫県大会では強豪・東洋大姫路相手に4安打完封を見せ、プロから注目されるようになっていきました。

3年夏兵庫県大会では4番・ピッチャーとして出場。

5回戦まで勝ち進みましたが、最後は育英高校0対2で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。


高校3年にはプロ志望届を提出。

しかし、指名漏れに終わり、関西国際大学進学しました。

翁田大勢の大学時代

大学では2年春からリーグ戦で登板。

2年秋には先発2番手として2勝1敗、防御率2.41の好成績を残しています。


翌年3月阪神2軍とのプロアマ交流戦では4イニングを投げ、3安打2失点5奪三振の好投!

150km/h台を連発し、スカウトからは「来年の上位候補!」と高く評価されていました。

その後、3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止。

3年秋のリーグ戦は右肘の炎症ため登板なしに終わっています。。

翁田大勢のプレースタイル

翁田大勢投手はストレートで押すピッチングが持ち味のパワーピッチャーです。

最速152km/hストレートはナチュラルに動くクセ球。

変化球スライダー、カーブ、シンカー、スプリット。

関西国際大学のOBにはロッテ・益田直也投手がいますが、
同大学の鈴木英之監督は
「翁田は大学時点ではスケール、レベル、ポテンシャルが違う。体の強さは益田より上。ランニング、フィールディングも速いし、打者で使いたいと思うぐらい打撃もすごい」
と、身体能力の高さを絶賛しています。

遠投110メートル。

50メートル走6秒3。

翁田大勢のスカウト評価

巨人・岸スカウト
「来年の上位候補になってくるのは間違いない。体に力があって、潜在能力は(同大学OBでロッテの)益田(直也)より上かもしれない」

阪神・山本スカウト
「ボールの力がある。細かい制球と変化球の制度が上がれば」

翁田大勢のまとめ

関西国際大学からは2008年に榊原諒投手(日本ハム2位)と伊原正樹投手(オリックス2位)、
2011年に益田直也投手(ロッテ4位)が直接プロ入りを果たしています。

その内、榊原投手と益田投手は新人王を受賞しています。

翁田大勢投手にはプロ入りはもちろん、プロでは新人王争いをするぐらいの活躍を期待したいですね!