野球

豆田泰志(浦和実)はピッチャーのドラフト候補!進路や兄についても!

豆田泰志 浦和実業

浦和実業ドラフト候補豆田泰志投手。

身長172cmで、ストレートの最速143km/h、とスペックだけ見たら、そこまで凄そうに思えないかもしれませんが、
吉田輝星投手(日本ハム)を彷彿とさせる非常に質の高いストレートを投げ、プロからの評価もとても高いピッチャーです。

2年生の春には40イニングで55奪三振の好投で、関東大会ベスト8入りを果たしています。

豆田泰志のプロフィール

名前:豆田 泰志(まめだ たいし)
生年月日:2003年1月15日
出身:埼玉県越谷市
身長:172cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:越谷市立大袋北小学校→越谷市立千間台中学校→浦和実業学園高等学校

豆田泰志の小中学時代

豆田泰志投手小学6年生から袋山ボーイズで野球を始めました。

当時のポジションは内野手。

中学時代は軟式野球部に所属し、中学2年生からピッチャーに転向します。

中学3年生の時には138km/hを記録し、“東日本最速”とも呼ばれていました。

また、野球部だけはなく、県選抜チーム・埼玉スーパースターズでも活躍しています。


高校選択時には県内外の強豪校から誘いを受けた豆田泰志投手でしたが、中学卒業後は兄がOBでもある浦和実業に進学しました。

豆田泰志の兄

豆田泰志投手4学年上の兄・豆田侑輝さんも浦和実業のエースでした。

高校3年生の時には、浦和実業としては夏では過去最高となる県大会ベスト8入りを果たしています。

高校卒業後は立正大学に進学しましたが、
2019年春からは大学に籍を置いたまま、母校・浦和実業のコーチを務めています。

やはり、コーチに就任したのは弟のためなんでしょうね。

豆田泰志の高校時代

豆田泰志投手1年夏から控えとしてベンチ入り。

2年春には背番号18ながら全5試合先発を務め、埼玉県大会準優勝に貢献!

19年ぶりとなる関東大会進出を果たしました。

関東大会では初戦(2回戦)山梨学院と対戦。

豆田泰志投手先発し、6回0/3を投げ、1安打2失点、11奪三振の好投で、勝利しました。


続く準々決勝では優勝した東海大相模と対戦し、5回3失点で敗戦。

試合は敗れたものの東海大相模の門馬敬治監督は
「見た目は木更津総合の篠木君のようで、スピン量がすごい。ベース上で伸びてくる」
豆田泰志投手のボールの質の高さに驚きを隠せませんでした。


2年夏の埼玉県大会では4試合18イニングを投げ、失点0!

4回戦では強豪・浦和学院を相手に2安打完封勝利を飾っています。


続く5回戦ではリリーフに回り、3回を無失点に抑えましたが、試合は市川越高校4対5で敗れ、ベスト16に終わりました。

2年秋の埼玉県大会では
「夏の大会が終わって約1カ月投げなかったら、感覚を忘れてしまった」
初戦敗退。

豆田泰志のプレースタイル

豆田泰志投手は身長172cmの小柄な本格派のピッチャーです。

ストレート最速は143km/hながら、とてもノビのあるボールで多くの三振を奪うことができます。

2年春の公式戦では7試合40イニング55個奪三振を記録しました。

変化球スライダー、カーブなど。

50m6秒6。

豆田泰志のスカウト評価

中日・正津スカウト
「ボールに力を伝えるのがうまい。タイプ的には吉田輝星(日本ハム)」

豆田泰志の進路

豆田泰志投手高校卒業後の進路について
「高校から直接プロに行きたいですね。バッターだと高校を卒業するとバットが変わりますが、投手は変わるものはないですし、大学に行って怪我をする可能性もあります。行けるなら高校を卒業してプロ入りができたらいいなと思っています」
高卒でのプロ入りを希望しています。

豆田泰志のまとめ

豆田泰志投手はプロ志望届を提出すれば、まず間違いなく指名があるレベルのピッチャーです。

でも、まずは今年の夏に、兄の県ベスト8を超えて、浦和実業初の甲子園出場を達成してから、プロ入りしてほしいですね!