野球

仲井洋平(三菱自動車岡崎)はキャッチボール投法で打者を幻惑するドラフト候補!

三菱自動車岡崎のドラフト候補・仲井洋平投手。

一浪して一般入試で慶應大学に入学するも、大学時代は0勝。

その後、社会人に進み、最速152km/hを投げるまでに成長しました。

しかし、仲井投手のすごいところはそこから更にフォームを変更し、あえて球速をダウンさせ、勝てるピッチャーへと変貌を遂げたところです。

そのフォームというのが、まるでキャッチボールのような脱力した投げ方!

こちらは2019年の都市対抗野球の時の映像です。

バッターが3人とも全くタイミングが取れずに空振りで三振というのがすごいですね!

2019年の今年は、社会人野球の全国大会である都市対抗野球で初勝利を挙げると、社会人野球日本選手権では完封勝ちを収めています。

ある意味、今社会人で一番、打者をアウトに獲ることに長けているピッチャー、勝てるピッチャーと言えるかもしれません!

今回はもっとみなさんに仲井投手について知ってほしい!と思いまとめてみました。

プロフィール

名前:仲井 洋平(なかい ようへい)
生年月日:1989年12月25日
出身:愛知県
身長:184cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:時習館高校→慶應大学→三菱自動車岡崎

高校時代

高校時代、仲井投手は愛知の進学校・時習館高校に通っていました。

時習館高校は豊川市にある県立の学校です。

甲子園に出場したこともなく、OBにプロ野球選手もいません。

仲井投手も特に目立った活躍はできませんでした。

大学時代

高校卒業後は、1浪して慶應大学に進学。

大学時代の最速は140km/h台前半で、1勝もできないまま4年間を終えてしまいます。

大学時代の同期には福谷浩司投手(現・中日)らがいました。

社会人時代

大学卒業後は三菱自動車岡崎に入社。

社会人でもながなか目が出ませんでしたが、
「投げやすいフォームを研究し、ウエートトレーニングなどで体作りをした」

結果、入社5年目には152km/hを記録するまでになりました。

しかし、その後先発に転向することが決まると、全力投球を減らし、少しでも長いイニングを投げるために“キャッチボール投法”にフォームを変更します。

そして、入社7年目には都市対抗野球大会で初勝利!

さらに社会人野球日本選手権ではパナソニック相手に1安打完封を達成!

しかも、三振を13個も奪い、大会史上8人目の毎回奪三振というおまけつきでした。

プレースタイル

仲井投手は社会人7年目で台頭した遅咲きのピッチャーです。

ストレートの最速152km/h!

現在のフォームになってからの最速144km/hほどですが、脱力したフォームからの140km/hは、バッターにとっては非常にタイミングがとりづらく、三振の山を築きます。

変化球スライダー、カットボール、カーブなど。

まとめ

仲井投手について一つ訂正させてもらいますと、最初に仲井投手のことを“ドラフト候補”と、ついいつもの流れで、書いてしまいましたが、仲井投手は年齢(今年で30歳)を考えると、たぶんプロへ進むことはないと思います。

でも、その他の社会人のドラフト候補と比較してもすごいピッチャーであることには間違いありませんし、一見の価値があるピッチャーです!

みなさんも機会があれば、一度仲井投手のピッチングを見てみくださいね。

 

社会人野球を見るのなら、断然、スカパーがお勧めです。
社会人の主な大会はすべて放送されます。

スカパー!は、サッカー、野球、音楽、映画、など約70チャンネルの中から、お好みのチャンネルを1チャンネルから選んで楽しむことができんです!

そして、加入後<2週間>は 約70チャンネルを視聴料無料で見ることができるので、
契約チャンネル以外の番組も楽しむことができますよ♪

また手続きも簡単で、自宅のテレビやレコーダーに既にチューナーが内蔵されているので、
申込み後、約30分で見ることができます!

公式ホームページはこちらです⇩⇩
充実のハイビジョンチャンネル!スカパー!簡単申込