野球

牛島希(九州学院)は俊足強打のドラフト候補!父と兄もすごい?身長や体重は?

牛島希 九州学院

九州学院ドラフト候補牛島希選手。

俊足パワーを兼ね備えたプロ注目の外野手です。

さらに2年秋からはキャッチャーにも挑戦し、プロ入りを目指しています。

牛島希のプロフィール

名前:牛島 希(うしじま のぞみ)
生年月日:2002年4月16日
出身:熊本県菊陽町
身長:176cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手兼キャッチャー
座右の銘:継続は力なり
経歴:菊陽町立武蔵ヶ丘小学校→菊陽町立武蔵ヶ丘中学校→九州学院

牛島希の名前の由来

牛島希選手の「希(のぞみ)」と言う名前は、『希望を持って歩んでほしい』との想いを込めて付けられました。

子供の頃は、女の子の名前みたいで恥ずかしいと思っていた時期もあったようですが、今では、漢字一字でかっこいい!と気に入っています。

チームメイトからも「のぞみ」と呼ばれているそうです。

牛島希の小中学時代

牛島希選手小学2年生から武蔵ヶ丘クラブ軟式野球を始めました。

中学時代は熊本中央ボーイズに所属。

4番ショートとして活躍し、中学3年の夏にはジャイアンツカップにも出場しています。

牛島希の父

牛島希選手・勝(まさる)さんも九州学院のOBです。

九州学院野球だけでなく駅伝強豪校でもあります。

勝(まさる)さんは陸上部に所属し、1年時には全国高校駅伝で区間賞を獲得しています。

また、・優子さんも信愛女学院短距離をされていました。

そんな両親の下に生まれた牛島希選手は、中学時代にはクラブチームで野球をするとともに、平日は学校の陸上部にも所属。

中学3年生の時には200m走熊本県5位に入っています。

牛島希の兄・牛島樹

牛島希選手3歳上の兄・牛島樹選手もプロ注目のピッチャーです。

専大玉名高校を卒業後、現在は天理大学でプレーされています。


将来は、兄弟でプロ入りということもあるかもしれませんね!

牛島希の高校時代

中学卒業後、牛島希選手
「父も卒業生だし、野球をやる環境も良かったから」
九州学院に進学しました。

九州学院は2017年に村上宗隆選手(ヤクルト)、2019年は川野涼多選手(西武)など多くのプロ野球選手を輩出している高校です。

牛島希選手は高校では1年生の5月に行われたRKK旗大会からセンターのレギュラーを獲得します。

1年夏の熊本県大会には1番・センターで出場。

初戦(2回戦)で優勝した東海大星翔と対戦し、牛島希選手は初回にヒットを1本放ちましたが、チームは0対4で敗れています。

2年夏の熊本県大会には3番・センターで出場。

3回戦ではあわや場外という特大のホームランを放つなど、21打数6安打7打点、1本塁打の活躍を見せます。

しかし、決勝熊本工業5対7で惜しくも敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

キャッチャーに転向

牛島希選手2年秋の熊本県大会ベスト8で終えると、大会終了後からキャッチャー挑戦しています。

これは九州学院の坂井宏安監督の方針です。

坂井監督はキャッチャーを経験することによって、リード配球を研究するようになり、打撃面にもプラスなると考えています。

村上宗隆選手も九州学院時代キャッチャー経験していますね。

ただ、違うのは、村上選手は中学時代キャッチャーとしてプレーしていたことがありましたが、
牛島希選手は小学生の頃の紅白戦でちょっと守ったことがある程度ということです。

公式戦でもマスクをかぶるかどうかは、今後の成長次第だと思われます。

牛島希のプレースタイル

牛島希選手はフルスイングが魅力の右の強打者です。

2年秋までで高校通算24本ホームランを記録。

50m5秒9俊足に加え、遠投90m強肩です。

好きな選手は福岡ソフトバンクの柳田悠岐選手とヤクルトの山田哲人選手。

牛島希のまとめ

牛島希選手はおそらくプロでは外野手としてプレーすると思われます。

先輩の村上選手のような新人王を狙える選手へと成長していってほしいですね!