アーカイブ:2018年 6月

  1. 今年の侍ジャパン大学代表は、アメリカで行われる「日米大学野球」とオランダで行われる「ハーレムベースボールウィーク」に出場します。 7月1日に日本を出発し、4日から9日まで試合をして、7月10日にアメリカから直接、オランダに行くというハ…

  2. 高岡商業高校のドラフト候補・山田龍聖投手。 最速148km/hのストレートを武器に、バッターを力でねじ伏せるタイプの本格派の左ピッチャーです。 スカウトの中には、 「今年の高校3年生の中では、ナンバー1サウスポー」 と言う人も多…

  3. クラーク記念国際高校のピダーソン和紀投手。 カナダ人の父と日本人の母を持つピダーソン投手は、1年の冬に熊本の鎮西高校から、北海道のクラーク記念国際高校に転校をしています。 そのために、規定により1年間試合に出られませんでした。 し…

  4. 九州ナンバー1・サウスポーと、プロからの評価が高い樟南の松本晴投手。 最速145km/hのストレートとスライダーを武器に、甲子園出場を目指します。 名前:松本 晴(まつもと はる) 生年月日:2001年2月…

  5. 関東第一のキャッチャー・石橋康太選手。 チームでは4番を任され、2年時の東東京大会では4試合連続ホームランを放っている、強肩強打のキャッチャーです。 今年の高校生の中では、早稲田実業の野村大樹選手とともに「高校ナンバー1・キャッチャー」…

  6. 八千代松蔭のドラフト候補・清宮虎太朗投手。 190cmの長身から最速145km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。 名字の「清宮」は、野球に興味のある人なら「きよみや」と読みたくなりますが、清宮投手の名字は「せいみや」と…

  7. 松商学園の直江大輔投手。 2年生の夏にリリーフとして甲子園で登板も経験し、その際、142km/hのストレートを投げて注目を集めました。 高校ラストイヤーの今年、2度目の甲子園出場を狙っています。 名前:…

  8. 公立の進学校を、2季連続で甲子園出場に導いた東筑のエース・石田旭昇投手。 名前の「旭昇」は「あきのり」と読みます。 キラキラネームというわけではないですが、初見では、まず読めない名前ですね。 四文字熟語に「旭日昇天」という言葉があ…

  9. 星槎国際湘南高校のドラフト候補・松下壮悟選手。 1年生の春から4番を打つ強打者です。 星槎国際湘南からは昨年、本田仁海投手がオリックスに入団しており、本田投手に続いてのプロ入りが期待されています。 名前…

  10. 【2018年】高校野球夏の南北福岡県大会 追記:第100回目の夏、福岡大会は7月7日(土)にヤフオクドームで開幕を予定していたが、大雨影響から開会式は中止となった。 今年は第100回大会を記念して、福岡県からは史…

RETURN TOP

アーカイブ