アーカイブ:2018年 3月

  1. 2018年ドラフト候補・ホンダの松田進選手。 アメリカ生まれで、187cmの恵まれた体格を攻守に生かしたプレーが持ち味の大型ショートです。 大学時代には指名漏れを経験していますが、社会人で成長。 今年のプロ入りを目指しています。…

  2. 『チョレイ!』の独特の叫びと、その実力で有名になった男子卓球・張本智和選手。 様々なメディアで取り上げられていますね。 しかし、男子卓球で将来が楽しみなのは、張本選手だけではありません。 木造勇人選手も、その1人。 『I…

  3. 2020年東京オリンピック、日本代表の有力候補であるヴィッセル神戸の藤谷壮選手。 50m5秒9のスピードが武器のサイドバックの選手です。 2017年は、神戸ではリーグ戦・16試合に出場し、U-20ワールドカップにも出場しました。 …

  4. 追記:プロ志望届が提出されました。 その他、提出選手はこちら →プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は? 九州ナンバー1打者と言われる、明豊高校の濱田太貴選手。 175cmと決して…

  5. サガン鳥栖のフォワード・田川亨介選手。 年代別日本代表にも選出されている田川選手は、東京オリンピック代表候補選手でもあります。 サガン鳥栖では、昨年のチームの得点王だった豊田陽平選手が韓国のKリーグ蔚山現代FCに移籍。 鳥栖の初…

  6. 2018年シーズンの楽天。 先発ローテーション入りを狙っているのが、大卒2年目の池田隆英投手です。 楽天の先発ローテと言えば、3本柱の則本昂大投手、岸孝之投手、美馬学投手が確実。 さらに藤平尚真投手、辛島航投手も当確と言われて…

  7. 『ポスト錦織圭』と、注目度急上昇中のプロテニスプレイヤー・綿貫陽介選手。 かつて、世界ジュニアランキングで2位にも輝いたこともある逸材です。 同じ年齢の頃、錦織選手がランキング7位だったことを考えると、綿貫選手が期待されているのも頷…

  8. まだ、高卒2年目の19歳ながら、今年、巨人の先発ローテーションに入って来そうなのが、大江竜聖投手です。 173cmと小柄な体格ながら、最速149km/hを誇る本格派サウスポー。 巨人には同じ高卒サウスポーの田口投手というすばらしい見本…

  9. 広島のドラフト4位ルーキー・永井敦士選手。 永井選手は、高校通算47本塁打を誇る右の強打者です。 早くも愛称が「シャンシャン」に決まり、これから人気がでてきそうな雰囲気があります。 そんな広島期待の新人・永井選手について調べて…

  10. 大学4年生、それも秋のリーグ戦で能力を開花させ、タイトルも獲得した、東京ガスの木村光彦投手。 球速こそ142km/hほどで派手さはありませんが、精度の高い変化球を投げ、安定したピッチングを披露する好投手です。 今秋のドラフト候補とし…

RETURN TOP

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ