アーカイブ:2018年 3月

  1. ★2018年ドラフト・巨人1位! その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018! 追記:11月9日。契約金1億円+出来高5000万円。年俸1500万円で仮契約を結んだと発表されました。 追記:プロ志望届を提出しました。 …

  2. 高校時代は、「高校ビッグ4」と呼ばれ、注目を集めていた広島の高橋昂也投手。 リーグ連覇を果たしたとはいえ、左投手不足は最大のウィークポイントである広島にとって、貴重なサウスポーです。 最速152km/hのストレートを投げる高橋投手は、…

  3. 広島の「高橋投手」というと、高卒2年目のサウスポー「高橋昂也」が注目されていますね。 しかし、同じ広島のサウスポー、高橋樹也投手にもブレイクの予感が漂っています。 高卒3年目の高橋樹也投手は、昨年1軍デビューを果たしました。 し…

  4. 2016年育成ドラフト1位の大村孟選手が支配下登録に! 大村選手は、国立大学出身の頭脳派キャッチャーです。 目標の選手は、ヤクルトスワローズの大先輩にあたる古田敦也さんを挙げていて、 「キャッチャーとしても尊敬していますが、社…

  5. 2018年センバツ高校野球の、優勝候補にも挙げられている智弁和歌山高校。 その智弁和歌山で優勝のキーマンになるといわれているのが、新2年生キャッチャーの東妻純平選手です。 東妻選手は、中学まではショートでしたが、高校からキャッチャー…

  6. 1年生から、名門・東邦高校で4番を打つ石川昂弥選手。 早くも世代ナンバー1バッターとの呼び声高い大型内野手です。 甲子園では、豪快なホームランが期待されています。 名前:石川昂弥(いしかわ たかや)…

  7. 将来性のある若手投手が多くいる巨人ですが、その中でもイチオシなのが、育成2年目の坂本工宜投手です。 秋のキャンプでは、ピッチングを見た高橋監督から「もっと見たい」と言われた注目株。 今シーズンの活躍が期待されています。 &nb…

  8. 2017年の夏の甲子園では、広陵高校の中村奨成選手が最多本塁打記録を更新するなど、大活躍でしたね。 2018年のセンバツでは、広陵高校と同じ広島県から、注目を集めそうな選手が現れました。 その選手とは、瀬戸内高校の4番打者・門叶直…

  9. 浦和学院から、2016年育成ドラフト2位でオリックスに入団した榊原翼投手が、支配下登録へ! 高卒2年目での支配下登録は、少し早い気がしますが、昨年の2軍の成績を見れば納得ですね。 日本とタイのハーフの榊原投手は、年上からかわいがら…

  10. ◆追記:8月21日、100回大会の夏の全国高校野球は甲子園球場で決勝が行われ、北大阪代表の大阪桐蔭高校が秋田の金足農業に13対2で勝ち、史上初となる2回目の春夏連覇を達成しました! 詳しくは→決勝戦の結果と選手コメント …

RETURN TOP

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ