カテゴリー:高校野球

  1. 毎年のように世代トップクラスの選手たちが集まってくる大阪桐蔭高校。 2019年も例にもれず、多くの将来有望な選手が入学してきます。 その中でも一番の注目は、松浦慶斗投手ではないでしょうか! 中学3年生ですでに身長が184cmあり、…

  2. 全国屈指の激戦区・大阪で、大阪桐蔭とともに2強と言われている履正社高校。 その履正社の監督が、岡田龍生さんです。 監督歴は30年以上になり、教え子には山田哲人選手(ヤクルト)、T−岡田選手(オリックス)、安田尚憲選手(ロッテ)など、錚々…

  3. 初のセンバツ出場を決めた筑陽学園。 その筑陽学園の強力打線の中で一際、注目を集めているのが、福岡大真選手です。 昨秋に行われた明治神宮大会初戦では、3安打1ホームランと大活躍でした。 福岡選手のお父さんは、同校のトレーナーを務めて…

  4. センバツ出場校で、またしても体罰が発覚! 2年連続2度目のセンバツ出場を決めたばかりの松山聖陵高校の監督、荷川取秀明氏が、野球部員を小突く様子がYouTubeにアップされました。 センバツの選考会の直前には、春日部共栄の本多利治監督…

  5. 3月23日開幕の第91回選抜高校野球大会。 熊本県の熊本西、徳島県の富岡西とともに21世紀枠に選ばれたのが、茨城県の石岡一高校です。 石岡一は農業系の学校で、実習の授業が多く、平日放課後の練習開始時間に全員そろうことはめったにありま…

  6. 21世紀枠で甲子園初出場を決めた、石岡一のエース・岩本大地投手。 最速147km/hのストレートを投げる岩本投手は、金足農業の吉田輝星投手に憧れ、また自身も造園科で学んでいるプロ注目の農業系エースです。 センバツでは、昨年甲子園を沸かせ…

  7. 3月23日開幕の第91回選抜高校野球大会。 茨城県の石岡一、徳島県の富岡西とともに21世紀枠に選ばれたのが、熊本県の熊本西高校です。 2016年の熊本地震では大きな被害を受けながらも、それを乗り越え、昨秋の熊本大会で準優勝、初出場し…

  8. 3月23日開幕の第91回選抜高校野球大会。 茨城県の石岡一、熊本県の熊本西とともに21世紀枠に選ばれたのが、徳島県の富岡西高校です。 もっとも、富岡西高校は、秋の徳島県大会準優勝、四国大会ベスト4と実力も十分で、もし21世紀枠で選ばれな…

  9. 大阪桐蔭に苦しめられ、甲子園から遠ざかっていた履正社高校ですが、2019年は久しぶりに甲子園の切符を手に入れそうです! 2018年の秋季大阪大会・決勝では、公式戦36連勝だった大阪桐蔭を破って優勝しました。 主将の野口海音選手をはじめ、…

  10. 甲子園常連校の星稜高校は、これまで「箕島高校との延長18回」や「松井の5打席連続敬遠」など、記憶に残る名勝負を演じてきました。 昨年夏の済美との試合も「史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打(で敗れる)」といった劇的なものでしたね。 そんな…

RETURN TOP

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ