sportsbrothersの記事一覧

  1. 大阪商業大学のドラフト候補・滝野要選手。 走攻守の3拍子そろった外野手です。 高校時代から甲子園で活躍し、スカウトの注目を集めていました。 名前:滝野 要(たきの かなめ) 出身:三重県松阪市 身長:1…

  2. 大阪商業大学のドラフト候補・尾田恭平投手。 身長168cmと小柄ですが、コントロールに優れたプロ注目のサウスポーです。 高校生の時には、岡本和真選手(現・巨人)とともに、春夏連続で甲子園に出場しました。 名…

  3. ヤマハのドラフト候補・水野匡貴投手。 高校時代からプロに注目されてきた本格派のピッチャーです。 社会人1年目の秋には、プロとアマの混成チームである『U-23日本代表』に、社会人投手としては“唯一”選ばれています。 …

  4. 新日鐵住金かずさマジックに所属する宮澤義也選手。 ガーナ人の父を持つ、身体能力の高い3拍子そろった外野手です。 2018年の秋には、社会人外野手としては“ただ一人”、プロとアマの混成チームである『U-23日本代表』にも選ばれています。 …

  5. Honda熊本のドラフト候補・荒西祐大投手。 社会人8年目の26歳のサイドハンドのピッチャーです。 今季は自身初の社会人の日本代表に選ばれるなど、好調を維持しています。 果たして、今年こそプロへ行けるのでしょうか? &nbs…

  6. 独立リーグの新潟アルビレックスBCに所属している長谷川凌汰投手。 大学で一度は野球を辞めようとしながらも、独立リーグへ進み、最速153km/hを投げるまでに急成長した選手です。 今年のドラフト候補にも名前が挙がっています。 どのよ…

  7. 館山総合の大型サウスポー・相川亮太投手。 館山総合は、僅か17人の野球部員しかいない県立無名校のため、相川投手は目立った成績は残していません。 それでも、183cmの長身から角度あるストレートを投げ、プロから将来性を高く評価されています…

  8. 秋の関東大会は、来春のセンバツにつながる大事な大会です。 センバツの関東の出場枠は5.5校。 5校目までは確定で、残りの1校は東京の準優勝のチームと比較して決められます。 ○日程 2018年10月20日(土)…

  9. 瀬戸内高校のドラフト候補・新保利於選手。 プロ注目の強肩強打のショートです。 名前は「しんぽ りお」と読みます。 姓も名も難しいですね。 初見で間違えずに読める人は何人いるのでしょうかね。 3年春のセンバツに出場した時には…

  10. 2018年10月に行われるキリンチャレンジカップに、怪我で代表離脱した小林悠選手に代わって、清水エスパルスの北川航也選手が日本代表初選出されました! 北川選手は今シーズン、ここまで自己最多の11ゴールを決めている、期待の若手フォワードです…

RETURN TOP

アーカイブ