大学野球

伊藤健太(中部学院大)は東海地区の大学ナンバー1ピッチャー!

中部学院大学のドラフト候補・伊藤健太投手。
地方リーグに所属しているため注目度はあまり高くありませんが、最速150km/hを投げ、今年の東海地区の大学生ではナンバー1と言われているピッチャーです。

プロフィール

名前:伊藤 健太(いとう けんた)
出身:岐阜県海津市
身長:184cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:海津市立南濃中学校→海津明誠高校→中部学院大学

小中学時代

伊藤投手は小学2年生から「石津クラブ」で軟式野球を始めました。
中学時代は、軟式野球部で投手兼内野手としてプレー。
中学3年生の時には県大会でベスト8入りを果たしています。

高校時代

中学卒業後は、地元の海津明誠高校に進学。
海津明誠高校は県立の高校で野球はあまり強くはありません。
伊藤投手は入学直後はピッチャーとしてプレーしていましたが、制球に苦しみ一時サードにコンバートされます。
高校2年生の春から再び本格的にピッチャーをはじめると、5月の練習試合では自己最速の140km/hを記録。
2年夏の岐阜県大会では全2試合に先発します。
合計18イニングを投げ、12四死球、7奪三振10失点の成績で3回戦敗退に終わりました。

2年秋の新チームからはキャプテンを務めます。
2年秋の岐阜県大会では1回戦は1対0で完封勝利
2回戦は延長11回の末、1対2完投で敗れ、2回戦で敗退でした。

3年夏の岐阜大会には、4番ピッチャーとして臨みます。
巨人のスカウトが訪れた1回戦では、投げては被安打12安打、6失点完投
打っては4打数4安打の活躍で勝利。
2回戦では 4回1安打無失点の好リリーフで勝利。
強豪・大垣日大との3回戦では、自己最速の142km/hを記録しましたが、味方の4失策が絡んで2対9の7回コールドで敗れました。

大学時代

高校卒業後は、中部学院大学に進学。
大学では1年春からベンチ入りします。
3年生までは主にリリーフとして活躍。
2季ぶり8度めの優勝を果たした2年秋の東海選手権最優秀投手賞を獲得しました。
4年春のリーグからは先発を任されるようになり、4勝0敗、防御率0.62の好成績で優秀選手賞を受賞しています。

プレースタイル

伊藤投手は身長184cm体重85kgの恵まれた体格を持つ本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は150km/h
真っ直ぐ主体に押すピッチングが持ち味です。
変化球はカットボール、カーブ、フォークなど。
足も速く50m6秒2を記録しています。

スカウトの評価

中田アマスカウトアドバイザー
「最初は警戒しながら投げていたけど、2回くらいから、リズムよく投げていた。もともとストレートに力がある投手。気持ちよく投げ出したらそうは打てない」

まとめ

中部学院大学はここ数年、野間峻祥選手(2014年 ドラフト1位)、床田寛樹投手(2016年 ドラフト3位)、平岡敬人投手(2017年 ドラフト6位)と毎年のようにプロ野球選手を輩出しています。
上記の選手はいずれも広島カープの選手ですね。
伊藤投手も広島入りでしょうか?
でも、地元・中日も狙っているとの情報もあります。
秋のドラフトが楽しみですね。