野球

進藤勇也(筑陽学園)は強肩キャッチャー!スカウトの評価は?

筑陽学園のドラフト候補・進藤勇也選手。
プロ注目の強肩強打のキャッチャーです。
「3本の矢」と呼ばれる筑陽学園の個性の違う3人の投手たちを巧みにリードし、春夏連続の甲子園出場を果たしています。

プロフィール

名前:進藤 勇也(しんとう ゆうや)
出身:福岡県福岡市
身長:182cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:福岡市立福重小学校→福岡市立内浜中学校→筑陽学園

小中学生時代

進藤選手は小学校3年からソフトボールを始めました。
中学時代は糸島ボーイズでプレー。
今ではドラフト候補に名前が挙がるまでになった進藤選手ですが、意外なことに当時は控えのキャッチャーでした。
「悔しかった。高校では絶対にレギュラーを奪おうと思っていた」
と、中学卒業後は筑陽学園に進学します。

高校時代

高校では1年秋からキャッチャーのレギュラーを獲得。
1学年上のエース・大畑功士郎投手(現・日本文理大学)とのバッテリーを組み、秋の福岡県大会準優勝九州大会出場を果たします。(九州大会では初戦敗退)

2年夏の南福岡県大会はベスト8入り。

2年秋には西舘昂汰投手、西雄大投手、菅井一輝投手ら3本の矢と呼ばれる投手たちを強肩と好リードで支え、福岡県大会優勝九州大会優勝を達成します。
その後、各地区の優勝チームが集められた明治神宮大会でもベスト4入りを果たしました。

翌3年春のセンバツでは全3試合に7番キャッチャーで出場し、8打数4安打3打点の活躍で、創部初のベスト8進出を果たしています。

3年夏の福岡県大会では、23打数11安打11打点、ホームラン1本の好成績で春夏連続となる甲子園出場を果たしました。

高校の同期のチームメイトには西舘昂汰投手福岡大真選手らがいます。

西舘昂汰(筑陽学園)ドラフト評価や進路は?中学や兄姉母も!センバツに出場する福岡・筑陽学園の西舘昂汰投手。 背番号10ながらも、プロ野球のスカウトも注目している大型ピッチャーです。 昨年...
福岡大真(筑陽学園)がイケメン!父や出身小中学校は?選抜注目!初のセンバツ出場を決めた筑陽学園。 その筑陽学園の強力打線の中で一際、注目を集めているのが、福岡大真選手です。 昨秋に行われた明治神...

プレースタイル

進藤選手はプロ注目の強肩キャッチャーです。
身長182cm体重84kgのがっちりした体格で、ベンチプレスはチーム一の115kgを上げます。
ただしキントレを始めたきっかけは
「始めた理由は野球がどうこうというよりも、体を大きくして見た目を良くしようと思ったのがきっかけ」
とのこと。
筋肉を付けるために食事も1日5食、取るようにしています。

遠投110mの強肩で、二塁送球は最速1秒8台を記録。
キャッチングも上手く
「公式戦では後ろにボールをそらしたことがない」
と自信を持っています。

憧れのプロ野球選手はソフトバンクの甲斐拓也選手

スカウトの評価

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長
「体が強そうで、捕手として面白い素材」

まとめ

九州王者として全国制覇を目指して臨んだ春のセンバツでは、優勝した東邦高校に敗れ、ベスト8に終わっています。
夏の甲子園では日本一を成し遂げ、長野久義選手(現・広島)ら同校OBに続くプロ入りを果たしてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)