野球

大栄陽斗(仙台育英)はコントールがすごいエース!名前の読みは?

初優勝を目指す仙台育英のエース・大栄陽斗投手
抜群のコントロール驚異の切れ味を持つスライダーが武器のピッチャーです。
また、投げない時もサードで出場する二刀流選手でもあります。
今年の仙台育英は鈴木千寿投手、1年生の笹倉世凪投手伊藤樹投手らとの継投で宮城県大会を勝ち上がって来ました。
このような戦い方ができるのもエースの大栄投手がしっかりしているからです。

プロフィール

名前:大栄 陽斗(おおさかえ あきと)
生年月日:2001年9月3日
出身:福島県いわき市
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手兼三塁手
家族:両親、弟
経歴:いわき市立永崎小学校→秀光中等教育学校→仙台育英高校

小中学校時代

大栄投手は小学2年生から「小名浜少年野球教室」で野球を始めました。
小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア入りを果たしています。
しかも、楽天ジュニアでは主将を務めていました。

中学からは親元を離れ、秀光中等教育学校に進学。
秀光中等教育学校は仙台育英の系列の中学ですね。
軟式野球部の所属し、須江航監督(現・仙台育英監督)の下でプレー。
中学3年生の時には全国中学校軟式野球大会でベスト4に入っています。

高校時代

中学卒業後は、仙台育英高校に進学。
高校では1年秋からベンチ入りします。
2年夏の宮城県大会では背番号10を付け登板し、4試合17回2/3を投げ、17奪三振、失点2の好成績で優勝に貢献しました。
続く甲子園では初戦(2回戦) の浦和学院戦でリリーフ登板。
6回1/3を投げ、5失点(自責点3)と打たれ、チームも0対9で大敗を喫しました。

2年秋からはエース。
3年夏の宮城県大会では、4試合14回を投げ、7失点の成績で甲子園出場を果たしました。

プレースタイル

大栄投手は最速145km/hを投げるプロ注目のピッチャーです。
変化球は2種類のスライダーとチェンジアップ。
一番の武器は並外れた制球力です。
仙台育英の須江航監督も
「3球連続で同じコースに投げられる。球1個分の出し入れができる」
と高く評価しています。
高校生でここまでの制球力を持ったピッチャーはそうはいないですね。

ピッチングだけではなくバッティングも得意で、投げない時も三塁手として出場します。
3年夏の宮城県大会では15打数5安打、打率.333、打点5と打者としてもチームに貢献していました。

まとめ

今年の仙台育英は1年生に注目が集まっていますが、やはり主役は3年生です。
昨夏の甲子園を経験している大栄投手らが中心となって、宮城県に初の甲子園優勝をもたらしてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)