川原陸(創成館)ドラフト候補の成績や球速や球種!出身中学校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

高校野球秋季九州大会に優勝し、神宮大会出場を決めた長崎代表・創成館高校
春秋通じての初優勝です。
創成館野球部メンバー2018の出身中学と監督一覧!注目選手も!

この優勝の原動力となり、チームを引っ張ったのが、エースの川原陸投手でした。
最速141km/hをマークする長身のサウスポーで、プロも注目の存在です。

 

名前:川原陸(かわはら りく)
出身地:長崎県長崎市
身長:184cm
体重:82kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:投手
経歴:長崎市立三原小学校→長崎市立三川中学校→創成館高校

 

小学生の頃は、1年からソフトボールをプレイしていました。

中学時代は「長崎北シニア」に所属。
3年の夏には、野球リトルシニアの全日本代表に選出され、アメリカで開催された世界に出場しています。

 

〇夏の悔しさ
高校は地元長崎の創成館高校へ進学。

旧チームから控え投手としてベンチ入りし、次期エース候補として期待をかけれていました。
2年夏の長崎大会にも登板しています。

しかし準々決勝で、波佐見(優勝校)に4対5の惜敗。
この試合にリリーフ登板した川原投手ですが、思うようなピッチングができず、悔しい思いをしました。

そんな川原投手に稙田龍生監督は、
「お前のせいで負けたんだ。泣く暇はない」
と厳しい言葉をかけました。

期待の裏返しとはいえ、敗戦直後の川原投手にはつらい言葉ではなかったでしょうか。
並みの人ならへこんでしまいそうな気もしますが、川原投手は違いました。
「もうあんなピッチングはしたくない」
と、夏の悔しさを原動力に、新チームでは投手陣のリーダーとして、チームを牽引するようになりました。

スポンサードリンク

〇急成長
以前は、
「ピンチで自分の番が回ってくると、キャッチボールをしている時から怖かった」
と言うほど、気持ちに弱さがありました。

しかし新チームとなり、エースの自覚が芽生えた川原投手は、ランナーを背負っても粘り強いピッチングができるようになっています。
2年秋の長崎県大会では、5試合中4試合に先発し、県大会優勝を達成。
この大会の活躍で、一躍プロから注目されるようになりました。

続く九州大会では全4試合に登板し、初優勝に貢献。
特に準決勝・延岡学園戦のピッチングは圧巻で、9回3安打11奪三振2四死球
練習試合を含めても、高校初の完投完封勝利でした。

九州大会を通しても、防御率0.78と素晴らしい数字を残しています。

 

〇選手としての特徴
184cmの長身を武器とする大型左腕です。
最速141km/hの角度あるストレートには力があります。
球種は縦横のスライダーに、チェンジアップツーシーム
ストレートとスライダーのコンビネーションで抑えるピッチングが持ち味です。

 

新チームになってからエースを任されるようになっていますので、実績はそれほどありません。
しかし、2年夏から秋にかけての成長には、目を見張るものがります。
球速もまだまだアップするのではないでしょうか。

神宮大会、そして来春の選抜大会では、更に成長した姿を見せてくれることでしょう。
今後の活躍に期待したいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ