野球

池田陽佑(智弁和歌山)はドラフト候補のエース!プロ入りの可能性は?

智弁和歌山のエース・池田陽佑投手。
身長183cm体重84kgの恵まれ体格を持つ本格派のピッチャーです。
今春のセンバツでは2試合で13回を投げ、自責点1の好投を見せ、ベスト8入りに貢献しました。
あれから4か月経ち、球速が10km/h近くアップするなどさらに成長を見せています。

プロフィール

名前:池田 陽佑(いけだ ようすけ)
生年月日:2001年11月17日
出身:京都府宇治市
身長:183cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:宇治市立神明小学校→宇治市立宇治中学校→智弁和歌山高校

小中学生時代

池田投手は小学2年生の冬から地元の少年野球チーム「神明スポーツ少年団」で軟式野球を始めました。
小学5年生までは主にショートとしてプレー。
小学6年生からは強肩を買われ、キャッチャーに転向しました。

中学時代は「京都ブラックス」に所属。
当初は内野手としてプレーしていた池田投手でしたが、監督に言われて13歳の誕生日から本格的にピッチャーを始めました。

高校時代

中学卒業後は智弁和歌山高校に進学。
野球の強豪として有名な智弁和歌山高校ですが、実は野球部には寮がありません!
それで、池田投手はアパートで一人暮らしをしています。
食事は近所の定食屋さんと学校が契約しているので問題ないそうですが、野球以外の身の回りのことも自分でやらなければいけないのは大変でしょうね。

高校では1年春からベンチ入り
しかし、1年夏頃にはフォームを崩し、制球難に陥ったことでベンチから外れました。
その後、中谷仁監督(当時はコーチ)のアドバイスでバッティングピッチャーをやったことで、復活!
2年秋には、リリーフとして和歌山県大会優勝近畿大会準優勝に貢献しました。

翌2年春のセンバツでは4試合に登板。
決勝の大阪桐蔭戦では先発を任されます。
7回途中まで2点に抑える好投を見せましたが、2対5で敗れ、準優に終わりました。

甲子園には2年生の夏にも出場。
この時はわずか1試合打者1人に投げただけで、チームも近江高校に3対7で初戦で敗れています。

2年秋からはエース
秋の和歌山県大会優勝近畿大会ベスト4に入り、翌春のセンバツに出場します。
センバツでは3試合中2試合に先発し、13回を投げ、3失点(自責点1)、防御率0.69の好成績でベスト8入りに貢献しました。

センバツ後に急成長!

池田投手は、センバツの時点で十分すごいピッチャーだったんですけれども、センバツ後にはさらに成長を加速させます。
センバツが終わってからの2か月で体重が4キロほど増えたことに加え、フォームの修正に取り組むと、ストレートの球速が8km/hもアップしました。

3年夏の和歌山県大会では4試合に投げ、無失点というすばらしいピッチングで優勝を達成!
2回戦の和歌山南陵で完封勝利を上げた時は、
中谷監督も
「あんな投球は見たことがない。100点?そうですね。エースは自分!という気持ちを持っていた」
と大絶賛していました。

高校の同期のチームメイトには東妻純平選手黒川史陽選手西川晋太郎選手らがいます。

東妻純平(智弁和歌山)ドラフト候補2019の兄は東妻勇輔!出身中学は?智弁和歌山で優勝のキーマンになるといわれているのが、3年生キャッチャーの東妻純平選手です。 東妻選手は、中学まではショートでしたが、...
黒川史陽(ふみや/智弁和歌山)父兄弟やドラフトは?出身中学や身長も!智辯和歌山のドラフト候補・黒川史陽選手。 名門・智辯和歌山で、1年春からレギュラーで活躍している天才バッターです。 3季連続で甲子園...
西川晋太郎(智辯和歌山)西川遥輝が兄?ドラフト候補の中学や身長は?智辯和歌山の西川晋太郎選手。 名門・智辯和歌山高校で1年生からショートのレギュラーとして活躍しているセンスの塊のような選手です。 こ...

プレースタイル

池田投手は身長183cm体重84kgの恵まれ体格を持つプロ注目のピッチャーです。
ストレートの最速は149km/h。センバツ以降は平均でも140km/hを記録しています。
変化球はスライダー、チェンジアップ、フォーク。

まとめ

今年の智弁和歌山は打線が強力で、優勝候補の一番手です。
日本一になるためにはエースの池田投手のピッチングが鍵になってくるでしょうね。
また、池田投手自身も甲子園で活躍することによって、高校日本代表やプロ入りなどが近づくことになると思います。
甲子園でどんなピッチングを見せてくれるのかとても楽しみですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)