野球

近藤遼一(八戸学院光星)はホームランがすごいドラフト候補!

八戸学院光星の近藤遼一選手。
身長175cm体重88kgのどっしりした体格の一塁手です。
3年夏の青森県大会では6本のホームランを打って、優勝に貢献しました。

プロフィール

名前:近藤 遼一(こんどう りょういち)
生年月日:2001年9月14日
出身:奈良県桜井市
身長:175cm
体重:88kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:一塁手
血液型:O型
家族:両親と妹、弟2人
経歴:桜井市立桜井西小学校→桜井市立桜井西中学校→八戸学院光星高校

小中学生時代

近藤選手は、小学2年生から「桜井ブラックベアーズ」で軟式野球を始めました。
中学時代は「橿原ボーイズ」でプレー。
中学卒業後は、青森県にある八戸学院光星高校に進学します。

高校時代

高校では2年生の春からベンチ入り
春の青森県大会では優勝、続く東北大会ではベスト4に入りに貢献しました。

2年時夏の青森県大会では、背番号13を付けベンチ入りします。
チームは2年ぶりの優勝を果たしましたが、近藤選手は打撃不振で甲子園ではベンチを外れてしまいました。

それでも2年秋の新チームからファーストのレギュラーを獲得すると、打順も4番を任されます。
2年生秋の青森県大会では、15打数10安打11打点の活躍で優勝を達成!
続く東北大会でも
「県大会のいい調子を維持できた」
18打数8安打8打点と打ちまくり、県大会に続く優勝を達成しました。
各地区の優勝チームが集められた明治神宮大会でも、準々決勝の高松商業戦でホームランを放つなど活躍し、ベスト8入りを果たしています。

3年春のセンバツでは初戦で広陵高校と対戦。
4番打者として出場した近藤選手は4打数1安打の成績を残しましたが、チームは広陵のエース・河野佳投手に無得点に抑えられ、0対2で敗れました。

3年夏の青森県大会では3番打者として出場。
24打数14安打20打点、打率5割8分3厘、ホームラン6本という大活躍で2季連続の甲子園出場を果たしました。

高校の同学年のチームメイトには“坂本2世”と呼ばれるプロ注目のショート・武岡龍世選手らがいます。

武岡龍世(八戸学院光星)ドラフト評価や兄や彼女は?出身中学も!八戸学院光星の主将・武岡龍世選手。 高校の先輩である巨人「坂本2世」と称される、三拍子そろったショートです。 八戸学院光星はこれまで...

プレースタイル

近藤選手は175cm88kgの恵まれた体格を持つ強打者です。
パワーの源は好物のお米
1食で丼ぶり3杯をたいらげるそうです。
ファーストの守備は球際に強く、バウンド処理にも長けています。
ベンチプレスは100kg。
遠投94m。
50m6秒9。
人柄は八戸学院光星の仲井監督いわく
「優しく、素直」

スカウトの評価

日本ハム・白井康勝スカウト
「よく打つよね。希望進路によるけど、甲子園でも打てれば注目もされて、彼の野球人生が変わるかもしれない」

まとめ

近藤選手はポジションが外国人選手などと争う可能性の高いファーストのため、なかなかプロからの評価は上がりにくいです。
それでもそれを補って余りあるパワーがあり、夏の甲子園の活躍次第では、今後の野球人生が変わるかもしれません!
甲子園では、近藤選手らしい特大のホームランを見せてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)