野球

中津原隼太(花咲徳栄)はサイドスロー転向で急成長!無安打無得点達成!

花咲徳栄のエース・中津原隼太投手。
珍しい左のサイドスローのピッチャーです。
今年の春にサイドスローに転向したばかりですが、
それでも、3年夏の埼玉県大会はノーヒットノーランを達成しています。

プロフィール

名前:中津原 隼太(なかつはら はやた)
生年月日:2001年7月5日
出身:埼玉県所沢市
身長:180cm
体重:82kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と弟
経歴:所沢市立東中学校→花咲徳栄高校

小・中学生時代

中津原投手は所沢商で野球をやっていた父・昌治さんの影響で、小学5年生から「東村山ドリーム」で軟式野球を始めました。
かなり早くから頭角を現していて、翌年には早くも、セレクションを勝ち抜き、読売ジャイアンツジュニアに選ばれています。
中学時代は「東村山リトルシニア」でプレーし、卒業後は、花咲徳栄高校へと進学しました。

高校時代

チームは1年生と2年生の夏に甲子園に出場していますが、当時はまだベンチ外でした。
中津原投手がベンチ入りできるようになったのは2年生の秋からです。

サイドスロー転向

中津原投手は3年生の春まで本格派のスリークォーターでした。
春の埼玉県大会の準々決勝で東農大三に3回2失点で敗れたその日に、花咲徳栄の岩井監督の提案でサイドスローに転向します。
最初は
「(抵抗は)ありましたけど秋春負けたので…」
とサイドにすることに抵抗がありました。
しかし、練習を続けていくうちに
「しっくりきました。コントロールも安定するようになりました」
とサイドに手応えを感じるようになっていきます。

ノーヒット・ノーラン

3年生夏の埼玉大会では、3回戦で正智深谷を相手に先発すると、
ストレートとスライダーで打たせて取り、内野ゴロの山を築きます。
結局、四球を一つ出しただけで、一本もヒットを許すことなくノーヒットノーランを達成しました。

その後、中津原投手は決勝でも2失点完投勝利をするなど活躍し、5年連続の甲子園出場に貢献しました。

高校時代の同期のチームメイトには高校日本代表候補の韮澤雄也選手橋本吏功選手らがいます。

韮澤雄也(花咲徳栄)ドラフト評価や出身中学は?身長体重も!花咲徳栄といえば、これまでも根元俊一選手(現ロッテコーチ)、阿部俊人選手(元楽天)、岡崎大輔選手(現オリックス)と、プロで活躍する名ショ...
橋本吏功(花咲徳栄)読み方はりく!ドラフト候補の中学や身長は?花咲徳栄のドラフト候補・橋本吏功選手。 170cmと小柄ながらも、50m6秒0の俊足に加え、高校通算22本塁打とパワーも持ち合わせてい...

プレースタイル

中津原投手は左のサイドスローのピッチャーです。
鋭くは横に曲がるスライダーと打者の手元で微妙に動くストレートが武器。
夏の埼玉県大会直前に行った大学生との練習試合では3イニングで7つの三振を奪い
「あの2人目のサイドの子は打てない」
と言われ、話題になりました。
好きな選手は日本ハム・金子弌大投手

まとめ

今年の花咲徳栄は同学年の韮澤選手、橋本選手に加え、2年生・4番の井上朋也選手もいて打線は強力です。
その一方、春までは打線に比べ、投手陣が弱いと言われてきました。
しかし、中津原投手の台頭で一躍、投手陣も強力になっています。
中津原投手の活躍次第では、2年ぶりの日本一も夢ではありません!

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)