野球

谷脇弘起(那賀)はスライダーがすごいドラフト候補!公立の星!

和歌山県にある那賀高校谷脇弘起投手。
最速143km/hの低めに伸びるストレートと縦と横の2種類のスライダーが武器のピッチャーです。
那賀高校はまだ甲子園に出場したことのない県立の学校ですが、「公立の星」と呼ばれている谷脇投手がいれば、甲子園出場も夢ではありません!

プロフィール

名前:谷脇 弘起(たにわき こうき)
出身:和歌山県和歌山市
身長:180cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:和歌山市立日進中学校→那賀高校

中学時代

谷脇投手は「和歌山ビクトリーズ」でプレー。
中学2年生から本格的に投手をはじめ、3年生にはエースとしてチームを引っ張ります。
和歌山ビクトリーズのチームメイトには、谷脇投手と同じくプロから注目されている落合秀市投手(現・和歌山東)がいました。
谷脇投手はキャッチャーとして落合投手の投球を受けたことがあり、
「めちゃくちゃ速かった」
と言っています。

落合秀市(和歌山東)ドラフト評価や中学や身長は?メジャーも注目!和歌山東高校のドラフト候補・落合秀市投手。 185cm90kgの恵まれた体格から、最速147km/hのストレートを投げる速球派のピッチ...

高校時代

中学卒業後は、那賀高校に進学。
1年夏から背番号20でベンチ入り。
1年夏の和歌山県大会では1回戦の日高高戦にリリーフで登板します。
谷脇投手は3回無失点に抑えましたが、チームは敗れました。

2年夏の和歌山県大会2回戦・紀北工業戦ではリリーフとして4回を投げ、被安打1、自責点0の好投を見せますが、チームは0対1で惜敗。
2年秋の新チームからエース
2年秋の和歌山県大会では田辺高校に延長10回3対4で敗れ、1次予選敗退。

ここまでの大会では早期敗退が多く結果を残せていなかった谷脇投手ですが、同じく2年秋に行われた新人戦では今春センバツに出場した市和歌山相手に3対1完投勝利をあげます!
市和歌山がセンバツでベスト8入りしたのを見て、
「複雑な気持ちだったが、自分たちもやれるのでは」
と自信を付けました。
3年春の和歌山県大会では、3回戦で日高高中津分校と対戦。
リリーフで登板した谷脇投手は、送りバントを三塁に悪送球してしまい、それが決勝点となって敗れてしまいました。

プレースタイル

谷脇投手は180cm75kgとやや細身のプロ注目ピッチャーです。
柔らかいフォームから最速143km/hのストレートを投げ込みます。
変化球は縦と横の2種類のスライダー。
スライダーキレは凄まじく那賀高校・高津亮監督が「えげつない」と表現するほどです。

まとめ

高校最後の夏に向けて谷脇投手は
「最後のチャンスなんで。甲子園は意識しています」
と言っています。
和歌山県には今年のセンバツに出場した智弁和歌山や市立和歌山などの強豪校がありますが、谷脇投手のピッチング次第では甲子園初出場も十分あり得ます。
そして、将来は中学のチームメイトの落合投手とともにプロで活躍してほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)