高校野球

市川悠太(明徳義塾)ドラフト候補の出身中学や成績!球速や球種は?

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

甲子園の常連校・明徳義塾のエースの市川悠太投手。
スリークォーター気味のサイドスローから、最速145km/hのストレートを投げます。
追記:最速149km/h
球種はスライダー、チェンジアップ、ツーシーム。
また、 自ら「ピンチでも緊張しないタイプ」と言う「強心臓」の持ち主です。

それから、県外からの野球留学が多い明徳義塾では珍しい、地元・高知県出身の選手です。
こういう選手は応援したくなりますよね。

 

名前:市川悠太(いちかわ ゆうた)
出身:高知県高知市
身長:183cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
経歴:潮江南小学校→潮江中学校→明徳義塾

 

市川投手は、小学生の頃から、軟式野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。
中学3年生の時には、四国中学総体でベスト4の成績を残しています。

中学卒業後は、「レベルの高い人たちとやりたい」と明徳義塾へ進学。
1年秋から、控え投手としてベンチ入りします。
1年秋の高知県大会では17回2失点防1.06という成績を残して、明徳義塾のセンバツ出場に貢献しました

しかし、2年春のセンバツでは「背番号12」でベンチ入りしましたが、チームは初戦で敗れて、登板機会なしに終わっています。

スポンサードリンク

○サイドスローに転向
市川投手はもともとオーバースローでしたが、2年5月の四国大会では防御率5点台と、思うような投球ができませんでした。
原因は制球難です。

これをきっかけに馬淵監督から
「腕の角度を下げるようにしてみては」
との提案を受けて、サイドスローにフォームを転向します。
すると、課題だったコントロールが改善されるとともに球威も増しました。

2年夏の高知県大会では、3試合11回2/3を投げて、14奪三振 4安打 3四死球 無失点の好成績で甲子園出場に貢献。

甲子園では、1回戦の日大山形戦で3対3の6回裏から2番手として救援登板し、甲子園デビュー。
延長12回まで無失点に抑えて、チームの勝利を呼び込みます。
続く2回戦の前橋育英戦では先発を任されますが、7回を投げて9安打3失点で敗れています。

2年生の秋はエースとして、高知大会初戦から四国大会決勝まで全7試合、53イニングを一人で投げ抜いて優勝。
明治神宮大会とセンバツ出場に確実なものとします。

追記
明治神宮大会でも、全試合を一人で投げ抜き36年ぶり2回目の日本一に貢献。
翌春のセンバツでは、初戦(2回戦)の中央学院では、9回表終了時点でリードを許しますが、9回裏にサヨナラスリーランが出て7対5で辛くも勝利。
続く3回戦の日本航空石川戦では、完封目前の9回裏にサヨナラスリーランを浴び、1対3で敗れました。
昨年まで8連覇中だった3年夏の高知県大会では、決勝で高知商業に打ち込まれ、2対10でまさかの敗北。
しかし、市川投手は、これまでの実績から、夏の甲子園に出場していない選手としては唯一U-18日本代表に選ばれています。

 

○スカウトの評価
オリックス・古屋編成部副部長
「数少ない横手投げでタフ」
楽天・仁村スカウト副部長
「市川が素材としたらすごい。あの真っすぐは(高校生では)打てない。(今は)スライダーだけで抑えられるけど、プロになったら落ちるボールも必要」
中日・中田アマスカウトディレクター
「ひと言で言えば一級品。スライダーが独特の変化をして、プロでも十分に通用する」
中日・米村明チーフアマスカウト
「ピッチングを知り尽くしているし、高校生の打者なら手に負えないだろう。(今秋ドラフトで)3位までに消えるのでは」

 

○オレンジジュース
市川投手の疲労回復のルーティンは「100%のオレンジジュース」です。
毎日、練習や試合後には欠かさず飲んでおり、多いときは1リットルくらい飲むそうです。
秋の大会を一人で投げ抜けたのは、オレンジジュースのおかげもある? かもしれませんね。

市川悠太投手の好きな言葉は「努力に勝る天才なし」

市川投手は、まだ線が細く高校卒業後すぐにプロに行くタイプではないかもしれません。
でも、それはまだ伸びしろが大きいと言うことでもあります。
もっとたくましくなれば、もっとすごいピッチャーになれる可能性があります。

神宮大会と春のセンバツ大会での活躍が楽しみです。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人