野球

園田龍矢(伯和ビクトリーズ)はドラフト注目!出身高校大学や球速球種は?

伯和ビクトリーズのドラフト候補・園田龍矢投手

中学、高校と野手としてプレーした後、社会人2年目の2018年に中学生以来のとなるピッチャーに再転向

すると、1年後には最速150km/hを出すまでに急成長を見せたサウスポーです。

左投手で150km/hはすごいですね!

ピッチャーを再開して約1年ということを考えると、まだまだ速くなりそうです。

プロフィール

名前:園田 龍矢(そのだ たつや)
出身:熊本県植木町
身長:175cm
体重:78kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:植木町立五霊中学校→九州学院高校→徳山大学→関メディベースボール学院→伯和ビクトリーズ

高校時代

熊本の名門・九州学院でプレー。

3年間通して、レギュラーにはなれませんでしたが、控え野手として3年春のセンバツに出場しました。

センバツでは2回戦・大阪桐蔭戦の9回に1学年下の島田海吏選手(現・阪神) の代打として出場。

しかし、藤浪晋太郎投手(現・阪神)ピッチャーフライに打ち取られています。

3年夏の熊本県大会では、準決勝で済々黌高校と対戦。

2年生エースの大竹耕太郎投手(現・ソフトバンク)に抑えられ0対1で敗れました。

高校の同期のチームメイトには、大塚尚仁投手(現・楽天)溝脇隼人選手(現・中日)らがいました。

大学時代

高校卒業後は、山口県にある徳山大学に進学。

大学では3年生から、ファースト兼外野手としてスタメン出場をするようになります。

4年生の時は不動の4番として活躍!

秋には外野手でベストナインを受賞しています。

社会人時代(関メディベースボール学院)

大学卒業後は、関メディベースボール学院の野球選手科に入学。

関メディベースボール学院とは野球の専門学校のようなとろころですね。

兵庫県西宮市に本拠地を置き、クラブチームとして活動しています。

園田投手は2年目の2018年に指導者の勧めで、中学3年生以来となるピッチャーを始めます。

すぐに頭角を現し、5月に行われた都市対抗野球2次予選では、全2試合に先発として登板しました。

社会人時代(伯和ビクトリーズ)

関メディベースボール学院卒業後は、広島県にある伯和ビクトリーズに入社します。

1年目の春先から主力として先発にリリーフに大車輪の活躍!

都市対抗野球2次予選・光シーガルズ戦では自己最速となる150km/hを記録しました。

チームは都市対抗大会の出場を逃しましたが、園田投手自身はJFE西日本補強選手として出場予定です。

プレースタイル

園田投手は身長175cmとあまり上背はないもの最速150km/hを投げる本格派のサウスポーです。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

とても三振を多く獲れるピッチャーで、1イニンングに1つ以上の三振を記録しています。

コントロールはやや不安。

まとめ

大学時代までは野手として活躍していた選手が、社会人でピッチャーに転向して、ドラフト候補と呼ばれる存在にまでになる!

そんなこともあるんですね!!

園田投手にはこの勢いのまま都市対抗野球大会でも活躍して、プロまで登りつめて行ってほしいです!!!

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)