社会人野球

小久保気(西濃運輸)ドラフト候補の読み方や由来!大学では指名漏れ!

西濃運輸のドラフト候補・小久保気投手。
四国学院大学4年生の時に、全日本大学野球選手権で強豪・東北福祉大学を完封して、一躍注目を集めるようになったピッチャーです。
4年秋にはプロ志望届を提出したものの、残念ながら指名漏れ
大学卒業後は、2年後のプロ入りを目指して、西濃運輸でプレーしています。

プロフィール

名前:小久保 気(こくぼ きよし)
生年月日:1995年11月8日
出身:鹿児島県鹿児島市
身長:179cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:鹿児島市立坂元小学校→鹿児島市立玉龍中学校→鹿児島市立玉龍高校→四国学院大学→西濃運輸

名前の由来

名前の「気」「きよし」と読みます。
「心意気、度量や発想が人並みはずれて大きいさま」を意味する「気宇壮大」が由来です。

3人兄弟の末っ子として生まれた小久保投手は、小学生5年生から「坂元小スポーツ少年団」軟式野球を始めました。
小学校卒業後は、公立の中間一貫校である鹿児島市立玉龍中学校に進学します。
中学時代は軟式野球部でキャッチャーとしてプレー。

小久保投手が本格的にピッチャーを始めたのは、高校2年の4月からとやや遅めです。
それでも、2年夏には早くもエースとして活躍し、夏の鹿児島大会ではベスト8進出を果たしています。

3年夏の鹿児島県大会2回戦敗退
高校卒業後は、四国学院大学に進学しました。

大学時代

大学では1年秋からリーグ戦に出場
2年生からは先発の一角を任されるようになります。
2年生の秋には52イニングを投げ、54個の三振を奪って、最多奪三振王のタイトルに輝きました。

4年生春のリーグでは5勝0敗、防御率0.84の好成績で、8 季ぶりの優勝を達成!
全日本大学野球選手権大会では、初戦の東北福祉大学戦では被安打5、与四球4という好投で完封勝利を収め、一躍、プロから注目される存在となります。
続く2回戦の九州産業大学戦でも9回まで1失点に抑える好投!
しかし、9回にサヨナラボークを犯してしまい、敗れるという悔しい想いをしました。

大学4年生の秋にはプロ志望届を提出します。
しかし、指名漏れに終わり、社会人野球の西濃運輸へと入社しました。

社会人時代

西濃運輸では1年目から公式戦に登板
夏の都市対抗野球大会にもリリーフとして出場しています。

プレースタイル

小久保投手は最速148km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はスライダー、フォーク、シュートなど。
コントロールにやや不安があります。

スカウトの評価

※いずれも大学4年生次の評価
阪神・山本スカウト
「直球主体のイメージだったが、ツーシーム系を有効に使っていた。秋まで見ていきたい」
ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク
「先発タイプとしてローテーションに入れるだけの潜在能力を秘めている」
楽天・福田功チーム統轄本部副会長補佐
「体がまだできておらず、変化球にも課題はありますが面白い素材。踏み出した左足をついた後にしっかりタメを作れるので、ストレートの質が良いですね」

まとめ

大学4年生までの小久保投手は、高校、大学と野球の強豪校でプレーしていなかったため、身体的にも技術的にも未熟な面が多くありました。
おそらくプロのスカウトはそんなところを考慮して、指名を見送ったのだと思います。
しかし、社会人の高いレベルの練習で成長した現在ならば、プロ入りの可能性もかなり高くなっているのではないでしょうか。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)