社会人野球

緒方太地(ヤマハ)専門学校卒のドラフト候補は兄も凄い!身長体重球速も!

ヤマハのドラフト候補・緒方太地投手。
最速151km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
専門学校を卒業後、社会人野球のヤマハでプレーしている高卒5年目の選手です。
全国的にはあまり知られていませんが、複数のプロスカウトが注目しています。

プロフィール

名前:緒方 太地(おがた たいち)
生年月日:1996年12月2日
出身:福岡県福岡市
身長:185cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:福岡市立舞松原小学校→福岡市立多々良中学校→福岡工業高校→沖データコンピュータ教育学院→ヤマハ

緒方投手は小学生から軟式野球を始めました。
中学時代は福岡ニュースターズ(現・福岡中央ボーイズ)でプレー。

中学卒業後は、福岡工業高校へ進学しました。
3年夏の福岡県大会にはエースとして臨みますが、初戦(2回戦)であっさり敗退。
特筆するほどの成績を残さず、高校野球を終えます。

実は、緒方投手は高校までで野球をやめるつもりでした。
しかし、才能を惜しんだ周囲の人たちから沖データコンピュータ教育学院を勧められ、同校へ進学します。
沖データコンピュータ教育学院(以下沖データCKG)は専門学校ながら、社会人野球に籍を置いているチームです。
OBには一岡竜司投手(巨人→広島)がいます。

沖データコンピュータ教育学院

沖データCKGでは1年目から公式戦に出場
3年目の都市対抗野球の予選には主将兼エースとして出場し、5試合中4試合先発、3完投の力投を見せましたが、本選出場はなりませんでした。

ヤマハ

沖データCKG卒業後は、ヤマハに移籍します。
※正確には入社ですが、沖データCKGも社会人野球チームでしたので形としては移籍となります。
1年目から先発兼リリーフとして、公式戦5試合に登板。
社会人2年目の2019年には、リリーフとして都市対抗野球予選で活躍し、自身初となる本選出場を決めています。

プレースタイル

緒方投手は185cm84kgの恵まれた体格から最速151km/hを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はスライダー、カット、スプリットなど。
制球にやや不安があります。
沖データCKG時代には、野球センスはOBの一岡竜司投手よりも上!と高い評価を受けていました。

緒方投手の1歳上の兄・緒方壮助選手もプロ注目の選手です。
鹿児島県の樟南高校九州共立大学を経て、現在は社会人野球のパナソニックでプレーしています。
ポジションはキャッチャー
高校3年の夏には、4番打者兼主将として甲子園にも出場しています。
緒方壮助選手も2019年は大卒2年目で、プロ解禁の年ですから要注目です!

まとめ

これまで緒方投手は全国大会への出場がないため、あまり注目をされることがありませんでした。
しかし、今年(2019年)はついに都市対抗野球大会に出場します!
ここで活躍して、スカウトにいいアピールしてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)