野球

堀田賢慎(青森山田)食トレ成功でドラフト候補に!球速身長体重は?

青森山田高校のドラフト候補・堀田賢慎投手。
2年生の冬に食トレを中心とした肉体改造に取り組み、大幅な球速アップに成功しました。
そして、3年春の公式戦で活躍し、一躍ドラフト候補に名前が挙げられるようになったピッチャーです。

・堀田賢慎(青森山田)に12球団集結、148キロ計測(6/8 日刊スポーツ)
・プロ注目の青森山田・堀田 7球団スカウトの前で快投(6/22 デイリー)

最近では、投げるたびにニュースになっていますね!
かなりプロからも評価も高い投手のようです。

プロフィール

名前:堀田 賢慎(ほった けんしん)
生年月日:2001年5月21日
出身:岩手県花巻市
身長:185cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:花巻市立花巻北中学校→青森山田高校

堀田投手は中学時代、「花巻シニア」でプレー。
中学3年の夏にはエースとして全国大会出場を経験しました。(全国大会では初戦敗退)

堀田投手の地元・岩手県花巻市にはメジャーリーガの菊池雄星投手大谷翔平投手を生んだ花巻東高校がありますが、
「県外で実力を磨こう」
と中学卒業後は、親元を離れ、青森山田高校に進学します。

堀田投手が1年生の夏に青森山田は甲子園に出場していますが、当時はまだベンチ外でした。
1年秋の青森県大会からベンチ入りを果たすと、決勝の弘前東戦で初先発
最速137km/hのストレートで5回無安打無失点の好投を見せ、優勝に貢献しました。

翌2年夏の青森県大会では、準決勝で優勝した八戸学院光星に7回コールド7対15で敗戦。
2年秋からはエースの座を獲得すると、秋の青森県大会3位に入り、東北大会に出場します。
しかし、東北大会は初戦敗退
また、青森県大会では準決勝で八戸学院光星に5回コールド1対17と屈辱的な負け方をしていたことから、オフに“食トレ”を敢行しました。
1日5、6食をノルマとして継続し、7キロの体重増に成功します。
それにともない球速も10km/h近くアップしました。

3年春の青森県大会では優勝東北大会ベスト8と好成績を残しています。

プレースタイル

堀田投手は身長185cm体重80kgの恵まれた体格の本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は148km/h
変化球はスライダー、カーブなど
3年春の公式戦では4試合26回2/3イニングを投げ、わずか2失点と抜群の成績を残しています。

スカウトの評価

阪神・葛西スカウト
「もともと投げ方もよかった。まだまだ伸びしろもある」

まとめ

堀田投手の将来の目標はプロ野球選手です。
「目標は150キロを目指していますが、チームの勝利、優勝が最優先です。プロ野球選手になるだけでなく、しっかり活躍したい」

まずは今年の夏に2年ぶりの甲子園に出場することで、スカウトにアピールしてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)