野球

山田紘太郎(西尾東)岩瀬後輩のイケメンドラフト候補の進路は?身長・球速も!

西尾東高校のドラフト候補・山田紘太郎投手。
184cmの長身と甘いマスクを持つ山田投手は、最速144km/hを投げるプロ注目のピッチャーです。
昨秋の愛知県大会では、享栄、至学館などの私立強豪校を次々に破り、ベスト4進出を果たしています。

プロフィール

名前:山田 紘太郎(やまだ こうたろう)
出身:愛知県岡崎市
身長:184cm
体重:77kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:岡崎市立恵田小学校→岡崎市立岩津中学校→愛知県立西尾東高校

山田投手は小学1年生から野球を始めました。
中学時代は軟式野球部に所属。
中学3年生の時に教育実習で西尾東のOBがやってきて、その人に勧められたことがきっかけで、中学卒業後は、西尾東高校に進学しました。

西尾東高校は愛知県西三河地区にある公立の学校ですね。
野球の実力はまずまずですが、甲子園出場経験はありません。
卒業生には元・中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手がいます。

山田投手は2年夏の東愛知県大会では、背番号10の控え投手としてベンチ入り。
6試合中4試合にリリーフとして登板し、準優勝に貢献しました。

2年秋からはエースの座を獲得。
2年秋の愛知県大会では、甲子園出場経験もある愛知産大三河、享栄、至学館などの強豪校を次々に破り、ベスト4進出を果たします!
準決勝では翌春のセンバツで優勝する東邦高校と対戦しましたが、3対14で敗戦
この時山田投手は利き手の人差し指を負傷していたそうです。
もし、怪我していなかったら、結果は違っていたかもしれませんね?
万全の状態の山田投手と東邦の戦いが見てみたかったです。

学校として初となる東海大会進出を賭けた3位決定戦でも、山田投手は先発。
しかし、延長12回20対23と史上稀に見る大乱戦の末に敗れています。

2年生の冬には愛知選抜メンバーに選出され、オーストラリアに遠征を経験しました。

プレースタイル

山田投手は184cm77kgの均整の取れた体格を持つ本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は144km/h
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。
50メートル走6秒4
握力は左右ともに68kg

進路

山田投手の将来の夢はプロ野球選手です。
しかし、現在の自分の実力では高卒でのプロ入りはまだ早いと考えていて、大学で力を付けてからのプロ入りを目指しています。
「野球を始めたときから、プロ野球選手というのは目指し続けてきました。ただ、今のままでは、まだまだだと思うので、大学へ進んで、もっと成長して夢を叶えたい。目標としては、地元(愛知県三河地区)の出身でもあり千賀 滉大投手(蒲郡→ソフトバンク)です。そして、大谷 翔平選手の様に、見る者をワクワクさせるような選手になれればいいです」

今から、山田投手が大学4年生になる2013年のドラフトが楽しみですね!
でも、その前に今年の夏の愛知県大会で、昨秋以上のピッチングを見せて、初の甲子園出場を勝ち取ってほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)