社会人野球

小深田大翔(大阪ガス)社会人ナンバー1内野手の高校大学時代は?

大阪ガスのドラフト候補・小深田大翔選手。
168cmと小柄ですが、高い身体能力を持ち、今年の社会人ナンバー1内野手と呼ばれている選手です。

プロフィール

名前:小深田 大翔(こぶかた ひろと)
生年月日:1995年9月28日
出身:兵庫県佐用町
身長:168cm
体重:67kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート兼サード兼セカンド
経歴:佐用町立佐用中学校→神戸国際大学附属高校→近畿大学→大阪ガス

小深田選手は、小学生から「利神ドジャース」でソフトボールを始めました。
中学時代は「佐用スターズ」でプレー。

中学卒業後は、神戸国際大学附属高校に進学します。
高校では2年秋3年春にレギュラーとして近畿大会に出場
しかし、甲子園出場が期待された3年夏の兵庫県大会は、伊川谷高校に2対3で敗れ、まさかの初戦(2回戦)敗退に終わりました。

高校の同期のチームメイトには蔵本治孝投手(現・ヤクルト)らがいました。
蔵本治孝投手についてはこちらを→蔵本治孝(ヤクルト)出身高校や大学での成績は?怪我や年棒も!

大学時代

高校卒業後は近畿大学に進学。
大学では1年春からベンチ入り、1年秋からレギュラーを獲得。
2年の春にはベストナインを初めて受賞。
大学4年生の時には 主将としてチームを引っ張り、春のリーグ戦で8季ぶりの優勝に導きました。
大学4年間で積み上げたヒットの数は107本!
関西学生リーグ史上わずか27人しかいない通算100安打以上のバッターとなりました。
大学卒業時にはプロ志望届を提出せず、社会人野球の名門・大阪ガスへと入社します。

社会人時代

大阪ガスでは1年目からショート兼サードでスタメン出場を続けます。
夏の都市対抗野球では全5試合に2番・ショートで出場し、初優勝に貢献しました。
また、個人でも打率0.316、1本塁打、4打点の活躍で、新人王にあたる若獅子賞を受賞しています。

プレースタイル

小深田選手は俊足巧打の内野手です。
ミート力の高いバッテイングが持ち味で、大学時代には107本ものヒットを記録。
また、守備にも自信をもっており、大学時代はセカンドサード、社会人ではショートサードを主に守っています。
50m5秒9

まとめ

気になるのは、大学時代にはプロ志望届を提出しなかった小深田選手がプロ志望なのかどうかです。
社会人になってからのインタビューで
「(プロに)行きたい気持ちがあった」
と答えていますから、社会人で活躍して自信をつけた今なら、プロへ進む可能性が高いかもしれませんね。

もし、プロ入りすれば、即戦力として、1年目から新人王を争うことができるレベル選手だと思います。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)