西村天裕(日本ハム)読み方は?新人王候補の成績や出身校!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年日本ハム2位!
その他のドラフト指名選手はこちらに→2017年ドラフト指名選手一覧

 

西村天裕投手は、最速154km/hにストレートが武器の即戦力ピッチャーです。
大学時代にはドラフト直前に大ケガをしてしまい、指名漏れという憂き目にもあいました。
しかし、今年ケガを乗り越え、プロ入りを果たしました。

1年目から活躍が期待できる西村投手について調べてみました。

 

名前:西村天裕(にしむら たかひろ)
生年月日:1993年5月6日
出身:和歌山県和歌山市
身長:176cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
血液型:O型
経歴:岡崎小学校→和歌山東中学校→県立和歌山商業→帝京大学→NTT東日本

 

西村投手は、小学4年の時から「岡崎スマイルズ」で軟式野球を始めました。
5年生の時には四番・捕手として県大会優勝も経験しています。

中学では軟式野球部に所属し、最初は一塁手でしたが、2年春に投手へ転向。
中学3年の夏には和歌山市選抜チームで全国大会出場を経験しています。

高校は、県立和歌山商業に進学。
2年秋からエースで、県大会3位に入り、近畿大会に出場しますが、PL学園に敗れ初戦敗退。
3年夏の県大会は4番・エースの投打の柱としてチームを引っ張りますが、3回戦・伊都高校に2対4で敗れ、甲子園出場経験はありません。
高校時代の最高球速は140km/hでした。

スポンサードリンク

高校卒業後は、帝京大学に進学します。
1年春からリリーフとしてリーグ戦に出場。
2年春から先発1番手としてチームを牽引します。

それからは、3季連続最多勝、3年・春ベストナイン、3年・秋に最優秀投手を受賞するなど、すばらしい成績を収めています。

大学4年間の防御率も1.52とかなりいいですね。
また、大学に入ってからのウェイトトレ-ニングなどの体作りの成果で、球速も154km/hまでにアップしています。

帝京大学時代のチームメイトに青柳晃洋(阪神)、塩見泰隆(JX-ENEOS→ヤクルト)がいます。

 

○ドラフト直前に大ケガ
西村投手は、大学4年生の時にプロ志望届を提出しています

しかし、プロ志望届を提出してすぐのリーグ戦で、三塁へベースカバーに入った際にスパイクが引っかかり、左膝をひねって転倒してしまいます。
結果は、左膝前十字靱帯の損傷で全治6カ月の重傷でした。

西村投手は、上位指名確実と言われていましたが、このケガにより指名見送られ、まさかの指名漏れとなってしまいました。

大学卒業後は、NTT東日本へ入社。
懸命のリハビリを経て、1年目の8月にようやく復帰。
10月の日本選手権のトヨタ戦にリリーフとし起用され、1回2/3を4奪三振、無失点に抑えています。

NTT東日本での同期には、西村投手と同じ2017年のドラフトで、オリックスに3位で指名された福田周平選手と千葉ロッテに5位で指名された渡邉啓太投手がいます。

 

西村天裕投手の好きな言葉は「捲土重来(けんど‐ちょうらい)」
意味は、「物事に一度失敗した者が、非常な勢いで盛り返すこと」

まさにケガから復活して、プロでの活躍を期す西村投手にぴったりの言葉ですね。

先発もリリーフもいける西村投手ですから、1年目から出番は多いことでしょう。
ケガ無く1年間投げ続ければ、新人王を獲れる可能性もあると思います。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ