野球

重吉翼(日本航空石川)ドラフト評価や出身中学は?身長や球速球種も!

日本航空石川高校のドラフト候補・重吉翼投手。
クセの無いフォームから最速148km/hを投げるプロ注目の好投手です。

同じ石川県のドラフト1位候補の奥川恭伸投手とは、1年生の頃からライバルとして比較され続けてきました。
ケガなどもあり、現状、奥川投手とは少し差を付けられた形となっていますが、将来性においては双璧といわれています。

プロフィール


名前:重吉 翼(しげよし つばさ)
生年月日:2001年4月6日
出身:京都府京都市
身長:183cm
体重:83kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉
経歴:京都市立向島小学校→京都市立向島東中学校→日本航空石川高校

小中学生時代

小学1年生から軟式野球を始めました。

中学時代は、『京都ベアーズ』でプレー。
中学卒業後は、日本航空石川高校に進学しています。

高校時代(日本航空石川)

1年秋の北信越大会前の練習試合で好投し、急きょ背番号18でベンチ入り。
1年秋の北信越大会1回戦先発すると、富山県代表の高岡商業を相手に2安打11奪三振完封という快投を見せ、公式戦デビューを果たしました。
その後も準決勝で先発、決勝でリリーフとして好投し、優勝を達成!
各地区の優勝チームが集められた明治神宮大会でも全2試合で先発を務め、ベスト8入りに貢献しました。

2年春にはセンバツに出場
初戦(2回戦)・膳所高校戦で先発し、7回無失点で勝利しています
続く3回戦・明徳義塾戦ではリリーフで勝ち投手になりました。

しかし、2年生の春以降、ピッチングの調子を落としてしまっています。
2年夏石川県大会初戦敗退2年秋石川県大会2回戦敗退となってしまいました。

正確な時期はわかりませんが、この頃、右ヒジを痛めていたみたいですね。
3年春には完全に治っているようで、3年春の石川県大会ではエースとして準優勝に貢献しています。

プレースタイル

183cm82kgの恵まれた体格から最速148km/hを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はスライダー、ツーシーム、スプリット、カーブなど。

感覚が良い指先の持ち主で、コントロールを乱す場面はほとんどみられません。

スカウトの評価

■阪神・筒井和也スカウト
「質の高いボールを投げられる。オーソドックスできれいなフォームだし、これからが楽しみ」
■阪神・畑山統括スカウト
「のびしろを感じさせる。夏に期待したい」

■ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク
「まだ力を抜いて投げている。シンプルなフォームでクセがない」

■DeNA・進藤編成部長
「腕の振りがシャープ。球に力がある」

まとめ

石川県で、星稜の奥川恭伸投手と互角に投げ合える実力を持つのは重吉投手だけと言われています。
高校最後の夏には、再び甲子園に戻ってこられるようなピッチングを見せてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)