野球

渡辺拓海(酒田南)ドラフト評価や身長体重は?愛称はジャンボ!

酒田南高校のドラフト候補・渡辺拓海投手。
身長191cm体重109kg超大型ピッチャーです。
最速144km/hのストレートは威力十分で、多くのスカウトから注目されています。

プロフィール


名前:渡辺 拓海(わたなべ たくみ)
生年月日:2001年7月16日
出身:山形県鶴岡市
身長:191cm
体重:109kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と兄
経歴:鶴岡市立朝暘第四小学校→鶴岡市立朝暘第四中学校→酒田南高校

愛称・ジャンボ

チームでの愛称は“ジャンボ”です。
由来は・・・説明するまでもないですね。
見たそのままです。

渡辺投手の父・健一さんによると、生まれた時ですでに体重が4000gを超えていたそうです。
男の新生児の平均体重が2980gですから、かなりビッグな赤ちゃんですね。

小学校卒業時には180cm82kgあり、中学2年で体重は100kg到達!
高校入学時、125kgあったそうですが
「100キロを切らないとエースはない」
という酒田南・鈴木剛監督の言葉もあり、学校からグラウンドまでの約7kmを走るようにして、109kgまで絞りました。

小中学生時代

小学3年生から野球を始めました。
小学生の時にはわんぱく相撲の団体戦で、東北大会まで行ったことがあるそうです。

中学時代は、学校の軟式野球部でプレーするとともに、並行して『鶴岡ドリームス』にも所属していました。
中学3年の夏には東北少年野球大会ベスト4入りを果たしています。

高校時代(酒田南)

中学卒業後は、酒田南高校に進学。
酒田南高校は私立の高校で、春夏合わせて11回の甲子園出場経験がある、東北を代表する強豪校です。

高校では1年春から控え投手としてベンチ入り
春の山形県大会・1回戦の山形工業ではいきなり先発し、6回3安打無失点、重いストレートを武器にほとんど外野まで飛ばさせないという快投を披露しました。

1年夏の山形県大会では、準決勝で優勝した日大山形に5対4で敗戦。

1年秋の山形県大会では優勝し、東北大会に出場しました。
東北大会では初戦の光南戦で先発しましたが、1イニング持たず、2/3回を4失点でKOされています。

2年夏の山形県大会では、背番号10を付け、主にリリーフで活躍。
しかし、準決勝で優勝した羽黒高校に4対5のサヨナラ負けを喫し、甲子園出場はなりませんでした。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得。
2年秋の山形県大会優勝し、東北大会でもベスト8に入りました。

チームメイト

高校同期のチームメイトには、189cm88kgの大型スラッガーの伊藤海斗選手らがいます。

伊藤海斗(酒田南)ドラフト候補の中学や身長体重は?愛称はアナコンダ!酒田南高校のドラフト候補・伊藤海斗選手。 身長189cm体重88kgの恵まれた体格をもつ外野手です。 打球の飛距離は高校ナンバーワン...

プレースタイル

191cm109kgの恵まれ過ぎの体格を持つ本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は2年夏に記録した144km/h

変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップなど。

スカウトの評価

■広島・近藤芳久スカウト
「ストレートに力がある」

まとめ

最近は高校生でも体の大きい選手が増えていますが、その中でも渡辺投手は別格ですね!
今後どのようなピッチャーに成長していくのか、とても楽しみです。

これだけ大きいと膝などを痛めやすいと思うので、ケガにだけは気を付けてトレーニングに励んでほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)