野球

井上温大(前橋商)群馬ナンバー1サウスポーのドラフト評価は?球速球種も!

前橋商業高校のドラフト候補・井上温大投手。

“群馬ナンバー1サウスポー”と呼ばれているピッチャーです。

3年生になってから評価が急上昇中で、プロのスカウトからは
「3年後にはすごい投手になっているはず!」
と絶賛されています。

プロフィール


名前:井上 温大(いのうえ はると)
出身:群馬県前橋市
身長:174cm
体重:68kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:前橋市立大胡中学校→前橋商業高校

あだち充

前橋市立大胡中学校から前橋商業に進学。

前橋商業の出身者には、オリックスの後藤駿太選手のほか、「タッチ」「H2」などで有名な漫画家のあだち充さんがいます。

野球部とあだち充さんの関係は根強く、チームバスやバッグ、応援用のうちわには、前橋商業のユニホーム姿のキャラクターが描かれています。

ただし、高校野球でよく使われる応援曲にアニメ「タッチ」の主題歌がありますが、前橋商業の野球部には「タッチが流れると負ける」というジンクスがあるんだそうです。

高校時代

1年秋から背番号18でベンチ入り。

2年時夏の群馬県大会ではリリーフ先発で、合計9回を投げ、被安打3、失点0の好成績を残しています。

チームは準々決勝で、優勝した前橋育英に1対3で敗れ、ベスト8でした。

2年秋の群馬県大会2回戦敗退に終わりますが、3年春の群馬県大会では再びベスト8に入っています。

春の県大会2回戦では、6者連続奪三振を記録したほか、強豪・健大高崎と対戦した準々決勝では5回を投げ、被安打2、奪三振7、失点0好リリーフを見せいていました。

プレースタイル

身長174cmとそれほど上背はありませんが、バランスが良くキレイなフォームから、最速144km/hのストレートを投げるサウスポーです。

変化球はスライダー、カットボール、シュート、カーブ、チェンジアップなど。

高校生の左腕にはコントロールに苦しむ投手が多いですが、井上投手は制球も安定しています。

スカウトの評価

■楽天・沖原佳典スカウト
「いじるところが見当たらない。3年後にはすごい投手になっているはず」

まとめ

群馬県には高崎健康福祉大高崎高校桐生第一高校前橋育英という私立の強豪校がありますが、井上投手のピッチングで、9年ぶりの甲子園出場を勝ち取ってほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)