野球

和田康平(埼玉栄/野球)ドラフト候補の出身中学や身長体重は?

埼玉栄高校のドラフト候補・和田康平選手。
身長185cm体重88kgと恵まれた体格の強打の内野手です。
2年春からファーストのレギュラー、2年夏から4番を任されています。

プロフィール


名前:和田 康平(わだ こうへい)
出身:群馬県大泉町
身長:185cm
体重:88kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:一塁手
経歴:大泉町立北中学校→埼玉栄高校

小中学生時代

小学1年生から『大泉イーグルス』で軟式野球を始めました。

中学時代は『熊谷リトルシニア』でプレー。
当時は4番・ピッチャーとして活躍していました。

高校時代(埼玉栄)

中学卒業後は、埼玉栄高校に進学。
埼玉栄を選んだのは、熊谷リトルシニアの監督から
「若生監督のもとでやれば絶対甲子園に行けるから」
と言われたからです。

埼玉栄の若生正廣監督といえば、東北高校と九州国際大附属高校で合わせて春6回、夏5回も甲子園に出場している高校野球界を代表する名将です。
2015年4月からは埼玉栄の監督をされていましたが、68歳という高齢のため2019年4月に監督を勇退し、総監督に就任しています。

高校での実績

中学3年時に肩を痛めていた影響もあり、1年生の7月に手術を受けています。
そのため1年生の間はリハビリ中心の生活でした。
また、この時にピッチャーをあきらめ、野手に専念することにしました。

さらに入部当時、体重が100kg超えていたこともあり、指導者の勧めで減量に取り組んでいます。
大好きだったお菓子と炭酸飲料を断ち、炭水化物、野菜中心の生活で20kg減量に成功しました。
ライザップもびっくりのダイエットですね!
肉体的にも精神的にもかなりきつかったと思われます。

その後は筋トレに励むことで、筋肉で体重を増やし、現在は88kgになっています。

2年春からファーストのレギュラーを獲得。
2年夏の南埼玉県大会から4番を務めます。
和田選手は12打数6安打、打率.500と活躍しましたが、チームは4回戦で川口市立高校に4対7で敗退しました。

2年秋の埼玉県大会では、3回戦の強豪・花咲徳栄との試合でサヨナラヒットを打つなど活躍し、ベスト8入りを果たしています。

チームメイト

高校の同期のチームメイトには“坂本勇人二世”と呼ばれるプロ注目のショート・北口恭輔選手らがいます。

北口恭輔(埼玉栄)ドラフト評価や出身中学は?身長や家族(父母妹)も!埼玉栄高校のドラフト候補・北口恭輔選手。 “坂本勇人二世”と呼ばれる、走攻守の3拍子そろったプロ注目のショートです。 この一年で...

プレースタイル

185cm88kg恵まれた体格の強打の内野手です。

これまで、ダルビッシュ有投手(シカゴ・カブス)や、高井雄平選手(ヤクルト)など多くのプロ野球選手を育ててきた若生監督からも
「打撃は本当に素晴らしい素質を持っています。本塁打は打てるし、変化球も対応できる技術がある」
と高く評価されています。

高校ではファーストを守っている和田選手ですが、元々ピッチャーをやっていただけあり、肩も強いです。
チーム事情から、2年生の秋には中学生以来となるマウンドに上がることもありました。

プロを目指すのであれば、将来的にはサードや外野にも挑戦してみてほしいですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)