野球

神宮隆太(西日本短大附)ドラフト候補は強打の捕手!出身中学は?

西日本短大附属高校のドラフト候補・神宮隆太選手。
プロ注目の強打のキャッチャーです。
3年春の九州大会では4番打者として、優勝に貢献しました。

プロフィール


名前:神宮 隆太(しんぐう りゅうた)
出身:福岡県筑紫野市
身長:180cm
体重:85kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:筑紫野市立二日市北小学校→筑紫野市立二日市中学校→西日本短大附属高校

小中学生時代

小学2年からソフトボールを始めました。

中学時代は、『二日市ボーイズ』でプレー。
中学3年生の夏には、ボーイズ九州選抜の一員として世界大会に出場しました。

高校時代(西日本短大附)

中学卒業後は西日本短大附属高校に進学。
西日本短大附属高校を選んだ理由としては
「監督さんの話は耳に響くものがあって、とても良いチームなんだなと思いました。西短(にしたん)に入れば、野球だけではなく人間性も変わる、人間としても成長できると言われたので、その言葉に惹かれました」
と話されています。

神宮選手は中学時代まで、“自分さえ良ければいい”という考えがあったそうです。
しかし、高校入学後は、“野球が上手くなるためには、人間的な成長も必要である”という監督の教えに従い、夜の掃除や授業態度、人が見てなくてもスリッパを並べるといった細かい礼儀に至るまで、日常生活を徹底的に改めていきました。

高校での実績

1年生からベンチ入り。
2年春から4番・キャッチャーとしてチームを引っ張っています。

2年夏の南福岡県大会は、優勝した沖学園に3対7で敗れ、3回戦敗退
しかし、3年春は福岡県大会を制し九州大会に出場すると攻守でチームを支え、65季ぶりの優勝を成し遂げました。

チームメイト

高校の同期のチームメイトには、高校トップクラスの守備力を誇るショート・近藤大樹選手らがいます。

近藤大樹(西日本短大附)ドラフト候補はイケメン!小学中学や身長は?西日本短大附属高校のドラフト候補・近藤大樹選手。 全国的には無名ですが、高校トップクラスの守備力を誇るプロ注目のショートです。 3年...

プレースタイル

180cm85kgとガッチリとした体格の強打のキャッチャーです。
3年春の時点で高校通算23本塁打を記録。
監督歴の長い西村監督からも“打撃力は歴代トップ”と言われています。

50mは6秒5。

昭和の男

西村監督は神宮選手のことを、“昭和の男”と言います。
「叱っても全然へこたれませんし、芯の強い男です。教えたことは素直に聞いて、練習もしっかりするのでどんどん成長しましたね」
というのが理由だそうです。

昭和の男!
武骨な感じがして、素敵な響きですね。
今年の夏は、令和初の甲子園で大暴れしてほしいです。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)