野球

斎藤來音(らいね/静岡)ドラフト候補の名前の由来や守備位置は?

静岡高校のドラフト候補・斎藤來音選手。
走攻守の3拍子そろった外野手兼サードです。
昨年春のセンバツ2回戦では、スリーベース2本を含む3本のヒットを放ち注目を集めました。

プロフィール


名前:斎藤 來音(さいとう らいね)
生年月日:2001年10月12日
出身:静岡県磐田市
身長:178cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手兼三塁手
経歴:磐田市立磐田北小学校→磐田東中学校→静岡高校

小中学生時代

小学生から『中泉クラブスポーツ少年団』軟式野球を始めました。
小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、ドラゴンズジュニアチーム入りを果たしています。

中学時代は、軟式野球部でプレーしていました。

高校時代(静岡)

中学卒業後は静岡高校に進学。
静岡高校は県立の高校ですが、これまでも数多くのプロ野球選手を輩出している名門校です。
現役ですと、増井浩俊投手(オリックス)、堀内謙伍選手(楽天)、鈴木将平選手(西武)らがいます。

高校での実績

1年秋からライトのレギュラーを獲得。
秋の公式戦では、1年生ながら強打の2番としてチームを引っ張っています。
11試合で打率.375、ホームラン1本、打点4の活躍で、静岡県大会&東海大会優勝を達成しました。

2年春のセンバツには3番・ライトとして出場。
初戦(2回戦)の駒大苫小牧との試合では、スリーベース2本を含む3安打4打点の大活躍で、7対0と勝利に貢献しています。
続く東海大相模との3回戦では、3打数0安打1四球に抑えられ、チームも1対8で敗れました。

2年夏の静岡県大会は、準々決勝で掛川西の5対8で敗れ、2季連続の甲子園出場はならず。

2年秋からはサードを守っています。
2年秋の静岡県大会では3位に入り、東海大会に出場
しかし、初戦で中京大中京高校に2対11で敗れました。

プレースタイル

身体能力の高いプロ注目の外野手兼サードです。
振り切るスイングから広角に長打を放ちます。

中学まではキャッチャーやショートとして活躍していました。
高校では2年夏まで外野手としてプレーした後、2年秋からはサードに転向しています。

遠投100m、50m6秒0

名前の由来

「來音(らいね)」という名前は「百獣の王のようにたくましく」という意味を込めて付けられました。
読みは“らいね”ですが、“ライオン”とも読めますね。

今年の夏は再び甲子園で、ライオンのような雄々しいプレーを見せてもらいですね!

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)