野球

深見直人(創成館)ドラフト候補の出身中学や身長体重は?愛称はトトロ!

創成館高校のドラフト候補・深見直人選手。
身長176cmに対して体重100kgという巨漢パワーヒッターです。
ベスト4入りした昨春のセンバツ大会では、2年生ながら4番を任されていました。

プロフィール


名前:深見 直人(ふかみ なおと)
出身:福岡県春日市
身長:176cm
体重:100kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:一塁手
趣味:食べること(肉が好き)
経歴:春日市立日の出小学校→春日市立春日北中学校→創成館高校

小中学生時代

小学生から『日の出ホークススポーツ少年団』で野球を始めました。

中学時代は『福岡ブルースターズ』でプレー。
その頃から深見選手は、福岡県を代表する強打者として名前が知られていました。

高校時代(創成館)

中学卒業後は長崎県にある創成館高校に進学しています。

1年秋から控えとしてベンチ入り。
チームが長崎県を制して出場した1年秋の九州大会では、スタメンに抜擢されています。
その試合で見事、監督の期待に応え、準決勝の延岡学園戦、決勝の富島戦と2試合連続ホームランを放って、優勝に貢献しました。

2年生春のセンバツでは、大会前にそれまで4番を打っていた1学年上の杉原健介選手(現・中部学院大)が、右手有鉤骨(ゆうこうこつ)を骨折したために、代わって4番に座っています。
チームはベスト4入りを果たしたものの、深見選手は3試合で14打数3安打1打点と物足りない成績に終わり、
「もっと自分が打てたら勝てたかもしれない」
と悔しい想いをしました。

その後、センバツの悔しさを夏に返そうと努力を続けましたが、
「夏は一発勝負。確実性が足りなかった」
と監督が判断し、2年夏の長崎県大会ではベンチから外れています。
チームは長崎県を制して、2季連続の甲子園出場を果たしましたが、深見選手は甲子園でもスタンドからの応援でした。

2年秋からは主将に就任して、チームを引っ張っています。
しかし、2年秋の長崎県大会初戦の2回戦で敗退

残る甲子園出場の可能性は、3年夏のみとなっています。

プレースタイル

176cm100kgのパワフルなホームランバッターです。
飛ばす力は天下一品!
その一方、やや確実性に欠けるところがあります。

50メートル走は6秒7
スパイクのサイズは30cm。

憧れの選手は、同じ左の強打者のDeNA・筒香嘉智外野手。
打席での動きを動画で見て、参考にしているそうです。

トトロ

深見選手の愛称は「トトロ」

理由はジブリ映画が好きで、なかでも50回以上見たことがあるほど「となりのトトロが大好きだからです。
特に
「雨の中、バス停で傘を差すシーンのトトロが好きです」
とのこと。

失礼ながら、最初に愛称が「トトロ」だと聞いた時、てっきり深見選手の体型から「トトロ」と呼ばれているのか、と思ってしまいました…。
…お詫び申し上げます<(_ _)>

まとめ

2年生春のセンバツでは、深見選手本来の豪快なバッティングが見られませんでしたが、
今年の夏はぜひとも長崎を勝ち抜いてもらって、甲子園で特大のホームランを見せてほしいですね!

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)