大学野球

喜多真吾(明治大)ドラフト候補の出身中学高校は?身長体重は?パワーが魅力!

明治大学のドラフト候補・喜多真吾選手は、183cm91kgの恵まれた体格を持つパワーヒッターです。
広陵高校時代から、プロから注目されていた選手ですが、大学ではなかなかレギュラー獲得までには至りませんでした。

それでも、4年春にレギュラーを獲得すると、自慢の強打を発揮し、チームのリーグ優勝に貢献しています。

プロフィール


名前:喜多 真吾(きた しんご)
生年月日:1997年6月5日
出身:和歌山県新宮市
身長:183cm
体重:91kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ファースト
経歴:新宮市立光洋中学校→広陵高校→明治大学

中学時代

「バリーボンズを見て感動したから」という理由で野球を始めた喜多選手は、中学時代は
『堺ビッグボーイズ』でプレーしていました。

堺ビッグボーイズは、DeNA・筒香嘉智選手や西武・森友哉選手も中学生の頃に所属していた名門チームです。
このチームはその名の通り、大阪府堺市にあります。
和歌山県新宮市に住んでいた喜多選手は、母親の運転で4時間もかけて練習に参加していました。
喜多選手も大変だったでしょうが、お母さんも大変だったでしょうね。

中学時代はショートとして活躍し、中学3年生の時にはボーイズ選手権大会ベスト8に入っています。

高校時代(広陵)

中学卒業後は、広島県にある広陵高校に進学。
高校では、打撃を活かすためにファーストに転向しました。

1年秋からレギュラーを獲得すると、4番打者として広島県大会ベスト4入りに貢献しています。

2年時夏の広島県大会では14打数5安打2打点の成績で優勝に貢献。
続く甲子園では、5番ファーストで出場するもノーヒットで、チームも延長11回サヨナラで三重高校に敗れて、初戦敗退に終わりました。

2年秋からは、171名の部員をまとめる主将に就任。

しかし3年夏の広島県大会は、打率.444、ホームラン1本、打点5と活躍しましたが、準決勝で市呉に1対6で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

大学時代(明治大)

高校卒業後は、明治大学に進学。

試合に出るようになったのが3年春からで、ファーストのレギュラーになったのが4年春と遅めです。

それでも、4年時春のリーグ戦では5番を打ち、打率.364 、ホームラン1本、打点8の活躍で優勝に貢献!
個人でもベストナインを受賞しました。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、今年のドラフト1位候補の森下暢仁投手をはじめ、伊勢大夢投手、添田真海選手、北本一樹選手らがいます。

森下暢仁(まさと/明治)のドラフトや弟や中学高校は?怪我が不安?2019年ドラフトで、注目を集めること間違いないのが、明治大学の森下暢仁投手です。 高校時代から日本代表に選ばれるほどの好投手で、大学...
伊勢大夢(ひろむ/明治)ドラフト候補の出身中学高校は?友喜力とは?明治大学のエースナンバーである「11」を付けてプレーしている伊勢大夢投手。 最速150km/hのストレートを投げるサイドスローのピッチ...
添田真海(明治)ドラフト候補の進路は?打撃フォームが独特?弟も凄い!明治大学のドラフト候補・添田真海選手。 走攻守の3拍子そろった選手です。 高校時代から注目されていた選手でしたが、大学ではなかなかレ...
北本一樹(明治大)ドラフト候補の出身中学高校や性格は?身長体重も!明治大学のドラフト候補・北本一樹選手。 38年ぶりの日本一を目指す明治大学の4番として、全日本選手権では、絶賛、活躍中です! また、...

プレースタイル

振り切るスイングから、広角にライナー性の打球をはじき返す左の強打者です。
50m6秒5、遠投95m。

まとめ

喜多選手の将来の夢は“メジャーリーガー”です。

野球を始めたきっかけが「バリーボンズを見て感動したから」だそうですので、おそらくその頃から抱いていた夢のなのかもしれません!
将来、喜多選手がメジャーリーグで活躍する日を楽しみにして、今後も注目し、応援を続けていきたいと思います。

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)