野球

遠藤成(東海大相模)ドラフト候補の二刀流!父や出身中学は?身長体重も!

東海大相模のドラフト候補・遠藤成選手。
ピッチャーとしては最速145km/hを投げ、野手としては高校通算40本塁打を放っている二刀流選手です。
高卒即か、大学、社会人を経てからかはわかりませんが、間違いなく将来はプロに入って活躍する選手だと思います。

プロフィール


名前:遠藤 成(えんどう じょう)
生年月日:2001年9月19日
出身:秋田県にかほ市
身長:178cm
体重:76kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:サード兼ショート兼ピッチャー
家族:父、母、兄
経歴:にかほ市立仁賀保中学校→東海大相模高校

小中学生時代

小学校3年生から野球を始めました。
中学時代は『本荘由利シニア』でプレーしています。

中学2年生の夏に、小笠原慎之介投手(中日)、吉田凌投手(オリックス)を擁して、全国制覇した東海大相模に憧れを持ち、同校への進学を決意しました。

高校時代(東海大相模)

1年春から控えとしてベンチ入り。
1年夏の神奈川県大会は、決勝で横浜高校に敗れ、準優勝でした。
1年秋の神奈川県大会優勝関東地区大会ベスト4に入っています。

2年春のセンバツには、初戦・聖光学院戦でリリーフとして登板し、1/3イニングだけですが、甲子園のマウンドを経験しました。 (チームは準決勝敗退)
2年夏の北神奈川大会は、直前に右手親指の付け根を骨折したため、出場できていません。(チームは準決勝敗退)

2年秋の神奈川県大会には、サードとして出場しましたが、準々決勝で横浜高校に2対5で敗れました。

3年春からはショートのレギュラーとして、神奈川県大会優勝関東地区大会優勝を達成!
関東地区大会の1回戦では、約1年ぶりの公式戦登板を果たし、7回2/3を1失点に抑えました。

プレースタイル

抜群の野球センスを持ち、投打でプロから注目されている選手です。

ピッチャーとしては、最速145km/hのストレートに加え、スライダーなどの変化球を投げます。

野手としては、サードあるいはショートを守り、高校通算40本のホームランを記録しています。

父・成人さんは、昨年夏の甲子園で準優勝した金足農野球部OBです。

現役時代は、左投手としてプレー。
高校2年の秋は東北大会準決勝で敗退し、3年夏の秋田県大会も準々決勝で敗れ、甲子園出場は出来ませんでした。

その後、社会人野球のTDKなどで野球を続け、都市対抗に6度出場コーチも経験しています。

プロ入りは投手?野手?

高校では二刀流選手として活躍している遠藤選手ですが、将来的にはおそらく野手としてプロ入りすると思われます。

タイプとしては、高校時代は二刀流?三刀流?で活躍して、今年、中日入団した根尾昂選手のようになりそうですね。
遠藤選手本人も、根尾選手を意識していて
「根尾選手を超えられるようなデカイ選手になりたい」
とインタビューに答えています。

今年の夏には、ぜひ神奈川県大会を勝ち抜いてもらって、もう一度甲子園で見てみたい選手ですね。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)