プロ野球

大盛穂(広島カープ/育成)支配下は近い?静岡産業大での成績や中学高校も!

広島のルーキー・大盛穂選手は、身体能力の高い3拍子そろった外野手です。
昨年の育成ドラフトで指名された選手ですが、プロ1年目から二軍で2番・センターに定着し、活躍中!
早くも「今シーズン中の支配下登録があるのではないか!?」と言われています。

おもしろいのは、大学時代、社会人野球志望ながら全て不合格になり、そこで独立リーグでプレーしようと思ってプロ志望届を提出したら、広島から指名されてしまったそうなんです!
そんなこともあるんですね!

プロフィール


名前:大盛 穂(おおもり みのる)
生年月日:1996年8月31日
出身:大阪府大阪市
身長:179cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
背番号:124
経歴:大阪市立淀川中学校→飛龍高校→静岡産業大学→広島東洋カープ

小中学生時代

小学校1年生から野球を始めました。

中学時代は、『守口シニア』の所属。
小学生までピッチャーでしたが、中学生から外野一本でプレーしています。

高校時代(飛龍高)

中学卒業後は、静岡県にある飛龍高校に進学しました。

1年秋からライトのレギュラーを獲得。
1年秋の静岡県大会では3位に入り、チーム18年ぶりとなる東海大会に出場しました。
東海大会には8番・ライトで出場。
初戦・豊川高校戦で1安打2四死球と3度出塁し、5対4で勝利に貢献しています。
続く2回戦で、菰野高校に7対0(7回コールド)で敗退しました。

3年夏の静岡県大会3番・ライトとして全試合にスタメンで出場しましたが、3回戦で
浜松工業に敗れました。

大学時代(静岡産業)

高校卒業後は、静岡産業大学に進学。

1年生から外野手でレギュラーしています。
4年春には打率.392首位打者のタイトルとベストナインを受賞。
4年秋には打率.444、出塁率.552の活躍で、2季連続のベストナインを獲得しました。

社会人野球に不合格

大学卒業後は、企業チームで野球を続けたいと思っていた大盛選手は、大学3年から、数多くの企業チームのセレクションを兼ねた練習会に参加していました。

しかし、東芝、西濃運輸、ヤマハ、東海理化、日本製紙石巻など、全て不合格
しかも、周りの大学生は3日連続で参加しているのに、自分だけ2日で帰されることもあったそうです。

絶望のどん底だった大盛選手は、独立リーグで2年やって、ダメなら野球を辞めようと決意し、プロ志望届を提出しました。

すると、担当スカウトの顔も知らなかった広島から、育成枠1位で予想外の指名を受けたのです!

こうして、大盛選手は静岡産業大学初となるプロ野球選手となりました。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、中日・鈴木翔太投手の弟の、鈴木彩隼投手(現・西濃運輸)らがいました。

プレースタイル

バットコントロールに優れた左の外野手です。
179cm70kgとプロ野球選手としては線が細く見えますが、新人体力測定では、昨年広島に入団した8選手中トップでした。

遠投120メートル強肩
50m6秒0俊足に加え、大学4年生の時には28試合で11盗塁をマークするなど、盗塁技術あります。

スカウトの評価

■広島・松本有史スカウト
「脚力・肩の強さの目立つ選手。バットコントロールも良く、将来のレギュラー候補」
「3拍子そろっている選手。なぜ他球団が調査しなかったのか不思議なくらい。丸や野間みたいになって欲しい」

まとめ

大盛選手のような選手を見つけてくるなんて、広島のスカウト優秀すぎますね!
セ・リーグ3連覇中の強さの一端には、スカウトの力があると思います。
大盛選手にはまずは支配下登録、そして一軍レギュラーを目指して、活躍を続けていってほしいですね。