大学野球

福島滉貴(立命大)大学最速のドラフト候補!中学高校は?怪我が不安?

立命館大学のドラフト候補・福島滉貴投手。
172cmと小柄ながら、最速156km/hのストレートを投げる速球派のピッチャーです。
156km/hは今年の大学・社会人の中では最速です。
高校生で163km/hを投げるピッチャーがいるため、アマチュア最速ではありませんが…;

それでも、すごいことには変わりありませんよね!

プロフィール


名前:福島 滉貴(ふくしま こうき)
生年月日:1997年7月8日
出身:福岡県福岡市
身長:172cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:福岡市立南片江小学校→福岡市立片江中学校→東福岡高校→立命館大学

小中学生時代

小学1年生から軟式野球を始めました。

中学時代は『福岡城南シニア』キャッチャーとしてプレーしていました。

高校時代(東福岡)

中学卒業後は、東福岡高校に進学しています。

高校でも2年夏までキャッチャーでしたが、チーム事情から、小学6年生の時に1年間だけ経験があったピッチャーに転向。
福島投手はこの転向に関して
「打つよりも投げる方が好き。うれしかった」
と語っています。

転向直後の2年秋の福岡大会決勝で、早くも145km/hをマークし、投手としての才能の高さを証明しました。
チームは準優勝になり、九州大会に出場
九州大会では、リリーフ2試合5イニングを投げ、ベスト8入りに貢献しました。

3年夏の福岡県大会ではエースとしてチームを引っ張ります。
初戦(2回戦)から4回戦にかけて、24イニング続けて無失点に抑えこむ好投を披露。
3回戦・福岡第一戦で4安打完封
4回戦・武蔵台戦では3安打完封をマークしています。

しかし、5回戦で希望が丘高校に1対3で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

大学時代(立命館)

高校卒業後は、立命館大学に進学。
大学ではプロテインを1日に2度摂取し、肉や大豆などのタンパク質が多い食品を積極的に食べました。
その結果、体重は高校3年時の63kgから75kgまで増加。
それに伴い球速もアップしています。

1年秋のリーグ戦から登板。
2年春のリーグ戦156km/hを投げ、一躍、脚光を浴びます。

しかし、3年春以降は、相次ぐ故障不調などで登板できていません。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、プロ注目のサウスポー・坂本裕哉投手らがいます。

坂本裕哉(立命館)ドラフト評価や出身中学高校は?球速や身長も!2017年の東克樹投手(DeNA)、2018年の辰己涼介選手(オリックス)と、2年連続でドラフト1位を輩出している立命館大学。 その立...

プレースタイル

身長172cmの小柄な本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は2年春に記録した156km/h。
変化球はスライダー、カーブ、フォークなど。

高校の時に課題だった制球も、大学ではフォームのバランスを見直して改善が見られています。

まとめ

福島投手の目標は
「160キロを出し、プロへ行く!」
です。

3年春から4年春まで公式戦での登板がありませんが、4年秋のリーグ戦では160km/h出して、復活して果たしてほしいですね。

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)