大学野球

望月大希(創価大)ドラフト評価や出身中学高校は?身長や球速球種も!

今年の創価大学には、杉山晃基投手、小孫竜二投手、望月大希投手と、ピッチャーだけでも有力なドラフト候補が3人もいます。

今回はその中から、望月大希投手について。
望月投手は187cmの長身から最速146km/hのストレートを投げる本格派ピッチャーです。
大学での実績はやや他の二人に比べると見劣りしますが、その分、将来性では1番ではないかと言われています。

プロフィール


名前:望月 大希(もちづき だいき)
生年月日:1998年2月1日
出身:千葉県船橋市
身長:187cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:船橋市立八木が谷中学校→船橋市立船橋高校→創価大学

高校まで

小学生から野球を始め、中学時代は学校の軟式野球部でプレーしていました。

中学校卒業後は、市立船橋高校に進学しています。

高校では2年生から控え投手としてベンチ入り
2年夏の千葉県大会では4試合中2試合に登板し、ベスト16入りに貢献しました。
4回戦の鎌ケ谷戦では先発し、8回無失点の好投を見せいています。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得。
秋の千葉県大会ではベスト4入りを果たしています。

3年夏の千葉県大会では7年ぶりの甲子園が期待されていましたが、一宮商に1対5で敗れ、20年ぶりの初戦敗退となってしまいました。

大学時代(創価大)

高校卒業後は、創価大学に進学。

1年春からベンチ入りしました。
しかし、2年の夏にIgA腎症と診断され、へんとう手術を受けています。
さらに2年の冬には投げ込み過ぎて、右肘のじん帯を損傷するなど、なかなか結果を残せませんでした。

それでも、3年春にはリーグ1位防御率1.27を記録すると、
4年春のリーグ戦は主戦格として臨み、2勝1敗、防御率0.76の好成績を収めています。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、杉山晃基投手、小孫竜二投手、山形堅心選手らがいます。

杉山晃基(創価大)ドラフト候補の出身中学高校は?球速や身長も!創価大学の2019年ドラフト候補・杉山晃基投手。 最速154km/hの剛腕ピッチャーです。 しかし、本人は154km/hという数...
小孫竜二(創価大)ドラフト候補の球速球種は?成績や中学高校も!2019年ドラフト候補・創価大学の小孫竜二投手。 最速150km/hのストレートを投げる本格派ピッチャーです。 創価大学の同学年...
山形堅心(けんしん/創価大)ドラフト候補の出身中学高校は?身長体重も!創価大学のドラフト候補・山形堅心選手。 東京新大学野球リーグを代表する強打者です。 明徳義塾時代は期待されながら、ケガなどの影響で3...

プレースタイル

187cmの長身からの角度のあるストレートを投げ込みます。
ストレートの最速は、大学3年の秋に記録した146km/h

変化球は縦のスライダー、チェンジアップ、ツーシームなど。

スカウトの評価

■ソフトバンク・福元淳史スカウト
「ストレートは球速以上のものを感じます。体ができてくれば、ウチの石川柊太のようになっていきそうです」

■広島・尾形佳紀スカウト
「角度がありますし、腕が遅れて出てきて前で離せるので、打者は相当近くから投げられているように感じて打ちづらいでしょう」

■ロッテ・永野吉成チーフスカウト
「角度のある球筋ですから、体ができてくれば面白い投手になりそうです」

まとめ

昨年のドラフトでは東洋大学から、甲斐野央投手(ソフトバンク)、上茶谷大河投手(横浜DeNA)、梅津晃大投手(中日)と、3人もピッチャーが指名されています。

今年は望月投手をはじめ、創価大学の3人にもそろってプロ入りを果たしてほしいですね。

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)