大学野球

山形堅心(けんしん/創価大)ドラフト候補の出身中学高校は?身長体重も!

創価大学のドラフト候補・山形堅心選手。
東京新大学野球リーグを代表する強打者です。
明徳義塾時代は期待されながら、ケガなどの影響で3年夏をベンチ外で過ごしました。
それでも大学進学後は、徐々に本来の力を発揮し、4番を任されるまでになっています。

プロフィール


名前:山形 堅心(やまがた けんしん)
出身:大阪府東大阪市
身長:180cm
体重:88kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ファースト
経歴:東大阪市立盾津中学校→明徳義塾高校→創価大学

中学時代、『東大阪シニア』キャッチャーとしてプレーしていました。

高校時代(明徳義塾)

中学卒業後は、明徳義塾馬淵史郎監督から熱心な誘い受け、同校へ進学しています。

1年秋の四国大会が終わった頃には、4番・キャッチャーで起用されることもありましたが、大会前の練習で、骨にヒビが入るケガを負い、しばらくは痛みもあってバットも握れない状態になりました。
そのため、2年春のセンバツは背番号12の控えとしてベンチ入り
代打で1打席のみの出場に終わりました。(結果はセカンドフライ)

その後、バッティングを活かすためにファーストにコンバートされますが、レギュラー獲得までには至りません。
それどころか3年夏はベンチ入りすることもできませんでした。

創価大学進学の理由

高校卒業後は、地元大阪の大学に進学して、自宅から通う生活をしようと考えていました。

そんな時、東大阪リトル、リトルシニアのチームメイトで、野球を始めたきっかけにもなった兄貴分的存在の北川利生選手(創価大学→日本通運)から連絡がきました。
「地元におらんと、こっち(東京に)出て来て、勝負せえへんか」
山形選手は、この誘いを受け、東京での進学を決意。
創価大学のセレクションを受験し、見事、合格しました。

大学時代での実績

1年春からベンチ入り。

3年春からファーストのレギュラーを獲得すると、打順も4番を任されています。
3年秋の関東選手権では、3試合連続ホームランに加え、4試合8安打大会新記録を樹立する大活躍で、7年ぶりの優勝に貢献!
個人でもMVPを獲得しました。

さらに4年時春のリーグ戦で初の3割を達成し、14打点最多打点のタイトルを受賞しています。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、杉山晃基投手、小孫竜二投手、望月大希投手らがいます。

杉山晃基(創価大)ドラフト候補の出身中学高校は?球速や身長も!創価大学の2019年ドラフト候補・杉山晃基投手。 最速154km/hの剛腕ピッチャーです。 しかし、本人は154km/hという数...
小孫竜二(創価大)ドラフト候補の球速球種は?成績や中学高校も!2019年ドラフト候補・創価大学の小孫竜二投手。 最速150km/hのストレートを投げる本格派ピッチャーです。 創価大学の同学年...
望月大希(創価大)ドラフト評価や出身中学高校は?身長や球速球種も!今年の創価大学には、杉山晃基投手、小孫竜二投手、望月大希投手と、ピッチャーだけでも有力なドラフト候補が3人もいます。 今回はその中...

プレースタイル

180cm88kgと恵まれた体格のホームランバッターです。

大学3年生まではやや打率が低いことから、確実性に課題があると言われていましたが、3年春の初めて打率3割を記録するなど確実性も上がってきています。

遠投100m、50m6秒8。

まとめ

山形選手は大学トップレベルの長打力を持っています。

プロ入りへの唯一の懸念は、ポジションがファーストということぐらいです。
ファーストは外国人選手と争うことになるポジションですから、どうしてもスカウトの評価は厳しくなります。

それでも、高校時代ベンチにも入れなかった山形選手のような選手がプロ入りを果すことができたら、同じような境遇の人に力を与えると思います。
今後も、プロ入りを目指して、活躍を続けていってほしいですね!

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)