サッカー

南萌華(日本代表/浦和レッズ)出身高校や身長は?スパイクや誕生日も!

フランスで行われるワールドカップに臨む、日本女子代表・なでしこジャパン!

そのメンバー23人の一人が、南萌華選手です。
まだ20歳と若いセンターバックの選手です。
世代別日本代表の常連で、U-16とU-19でアジア王者になり、U-17とU-20では世界一を経験しています。
特にU-20ワールドカップの時は、キャプテンとしてチームを引っ張り、世界一を達成しました。

まさに代表の優勝請負人といった感じですね!
今回のフランスワードカップでも、チームを優勝に導くような活躍が期待されています。

プロフィール


名前:南 萌華(みなみ もえか)
生年月日:1998年12月7日
出身:埼玉県吉川市
身長:171cm
体重:62kg
利き足:右
ポジション:DF
経歴:吉川市立中央中学校→埼玉県立南稜高等学校→筑波大学(在学中)
サッカー歴:吉川ホワイトシャークサッカースポーツ少年団→浦和レッズレディースジュニアユース→浦和レッズレディースユース→浦和レッズレディース

サッカー歴

小学生から、地元の『吉川ホワイトシャークサッカースポーツ少年団』でサッカーを始めました。

中学からは浦和レッズレディースの下部組織に入団。
その後、ジュニアユース、ユースチームと順調に昇格していきました。

高校卒業後、筑波大学体育専門学群に進学するとともに、トップチームへの昇格を果たしています。
現在は大学に在学しながら、プロサッカー選手として活躍し、学業とプロの両立をさせています。
素晴らしいですね!

プロ入り1年目の2017年は、カップ戦3試合に途中出場しただけに終わりましたが、2018年シーズンは、第4節のベガルタ仙台レディース戦でリーグ戦初出場初先発で果たしました。

日本代表

南選手の代表での成績は輝かしいものばかりです!

まず、2013年にU-16日本代表に選出され、AFC U-16女子選手権2013に出場。
全試合にスタメン出場して日本の優勝に貢献!

翌年には、U-17日本代表としてU-17女子ワールドカップに出場し、初優勝!!

2017年のAFC U-19女子選手権では、U-19日本代表に選出され、これまた優勝!!!

2018 FIFA U-20女子ワールドカップでは、主将を務め、全試合に出場。
大会初優勝に貢献するとともに、個人でも最優秀選手賞第3位となるブロンズボールを受賞しています。

U-20女子ワールドカップ

実は、2016年に行われたU-20女子ワールドカップでも、南選手は18歳ながら、とび級での最終メンバー入りが確実視されていました。

しかし、大会3ヶ月前に行われたドイツ遠征で、練習中に負傷
出場を断念せざるを得ませんでした。

そんな悔しい想いをしていただけに、2018年のU-20女子ワールドカップ優勝は喜びもひとしおだったようで
「(優勝)カップを掲げた瞬間は、本当に人生で一番嬉しかったですね」
と語っています。

プレースタイル

171cmの長身で、空中戦に強いセンターバックです。
常に冷静で、安定した守備が持ち味。

また、攻撃の起点となるパスやフィードも上手く、長い手足をしなやかに操り、長短のパスを過不足ない強さで蹴り分けます。

スパイク

南選手が使用しているスパイクは、ナイキ『ティエンポレジェンド7』です。

熊谷紗希

憧れの選手は、なでしこジャパンのキャプテンを務めるDF・熊谷紗希選手(リヨン)です。
「優勝した11年W杯から(熊谷)紗希さんに、あこがれていた。多くを吸収して超えたいし、優勝という目標にも貢献したい」
とコメントされています。

熊谷選手は、日本にいた時は浦和レッズレディースに所属していましたが、南選手がジュニアユースに入った2011年から海外でプレーしているため、これまで一緒にプレーする機会はありませんでした。

しかし、今回のワールドカップでは、センターバックでコンビを組む可能性があります!
憧れの選手と、ワールドカップという舞台で一緒にプレーできたら最高でしょうね。

まとめ

将来的には、年齢制限の無いフル代表でもキャプテンを務める可能性のある南選手。
初めてのワールドカップでどんな活躍をみせてくれるのか、とても楽しみですね!